人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内



仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
   SPF通信2005−vol.4−
     2005.10.21発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
先日、茨城県石岡市(旧:八郷村)での
森林づくり体験ツアーに参加してきました。
地元の方たちに協力してもらい
今回は間伐&竹細工を行ったのですが、
いい汗をかいて、いい空気を吸って、
とても気持ちがよかったです。
柿やサツマイモもとっても美味しかった〜


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
   新しい役割を果たす環境報告書
   〜これからの環境(CSR)教育〜  

2.ブログ「寄り合いひろば」
   「森林だってムーブメントを!」   

3.環境イベント・セミナー情報
  (1)JACSESシンポジウム2005
    「環境税と特別会計のデザイン」
  (2)日本フィランソロピー協会 定例セミナー 
    200回記念シンポジウム 「いま、改めてCSRの本質を考える」


******************************
 新しい役割を果たす環境報告書
******************************

今年も昨年以上に続々と届く環境報告書2005版。
4月に施行された「環境配慮促進法」※の影響も大きいところでしょうが、
企業の環境経営やその情報公開が問われる社会動向の中、
環境報告書自体の役割も変わってきているようです。
先日、CSR特別セミナー「効果的な社内外のCSRコミュニケーションとは?」
http://www.ecologyexpress.com/seminar/200510/20051007summary.htm
というセミナーでは、環境報告書が単なる情報公開ツールとしてだけではなく、
ステークホルダー、取引先等から信頼を得るためのもの、
そして、社員に自社の環境(CSR)に対する姿勢を伝え意識を高めるもの
というコミュニケーションツールとして、
重要な役割を果たすように変わってきたことが報告されました。

※環境配慮促進法↓
http://www.env.go.jp/policy/hairyo_law/

----------------------------
  これからの環境(CSR)教育
----------------------------
このセミナーの中で、積水ハウス(株)の方は、
特に社員教育に重点を置いていることを強調されていました。
なぜなら、商品を作るのも、お客様と直接話をするのも社員だからです。
企業が企業ブランドとしてCSR(環境)経営を推進していくには、
まず、社員の意識を変えていくことが大事だと考えているそうです。
王子製紙(株)の報告書では「森のリサイクル」と題して、
企業としての取り組みだけではなく、森林の現状や環境における役割といった、
社員に知ってもらいたい知識も掲載されています。
このような報告書を作成し、社員に確実に読んでもらうよう
アンケートを返させるところも増えてきているそうです。

しかし、セミナー参加者から
「環境報告書以外の社員の意識改革はどうされていますか?」
と質問が出ると、「それがこれからの課題なのです」という回答。
社内報やeラーニングなどはやっているが、
他にはなかなかできていないということでした。
これは当社独自のヒヤリング調査でも同様の声が聞かれ、
また、社員の意識レベルも把握できていないのが現状です。

企業が作り上げるブランドとして、環境(CSR)への取り組みは、
社員やステークホルダーのコンセンサスを得て、
一丸となって行わなくてならないものです。
そのために、これからの環境(CSR)教育は、
義務的に行われる机上の一方的で一過性のものだけではなく、
社員の意識レベルに合わせた
環境・社会・経済の関係をバランスよく理解できる内容を
体験・参加プログラムなどを含む自社オリジナルプログラムにより、
全社員の社会や環境に参画する自発的な行動に結びつく能力
(積極性、調整力、自己性、自律など)を養うCSR教育を行うことが重要です。

※当社ではこうしたCSR教育プログラムの社内展開をお手伝いしております。
 ご興味があればお問い合わせください。


***************************
 ブログ「寄り合いひろば」
***************************
森林と里山の保全・有効活用を本気で考えるブログ「寄り合いひろば」。
http://tsubuyaki.sp-farm.com/

今回のテーマは、
「森林だってムーブメントを!」 です。


***********************************
 環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」掲示板から
  ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

------------------------------------------------------
 JACSESシンポジウム2005                       
 「環境税と特別会計のデザイン」
  〜地球温暖化防止のための環境税/炭素税と
   道路特定財源・エネルギー関連特別会計〜
 政党・省庁・NGOの検討状況を共有し、共に考える
------------------------------------------------------
本シンポジウムでは、フロアの方々と共に、
環境税と特別会計のあり方に関し議論します。

◆主催:「環境・持続社会」研究センター
◆共催:炭素税研究会
◆日時:2005年11月15日(火) 18:30〜21:00
◆会場:星陵会館ホール
詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


------------------------------------------------------
 定例セミナー 200回記念シンポジウム
 「いま、改めてCSRの本質を考える」
 〜現在のCSRブームを評価し、今後の進むべき方向を探る〜
------------------------------------------------------
今回は、企業フィランソロピー、CSRに関して
鋭く本質を突いた意見をお持ちの方々をお迎えし、
二部構成のシンポジウムを行ないます。

◆主催/社団法人 日本フィランソロピー協会
◆日時/2005年11月24日(木) 14:00〜17:30
◆場所/マイクロソフト株式会社 5階 セミナーA&B 
◆参加費:
・一般 5,000円
・会員 4,000円(当協会企業団体会員および個人会員)
・学生 2,000円
詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi




『SPF通信』2005.10.21発行
登録/解除 : http://www.sp-farm.com/melma.html
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(有)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(有)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る