人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.107−
      2014.08.19発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の大和田です。
一難去ってまた一難・・・
各地で、台風や集中豪雨、竜巻の影響が出ています。
そして、これから秋に向かって、また台風が発生し
やすい季節になります。
危険な状態になりそうな場合は、随時最新の情報を
取得しつつ、早め早めの行動で、万が一の場合でも
被害を最小限に留めたいものです。

被害に遭われた地域の、一日も早い復旧・復興を
心よりお祈り申し上げます。



◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  場づくりの重要性を今一度考える
  〜果たすべき役割と使命〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  人の五感に通じる木の使い方を

3.環境イベント・セミナー情報
  四国のへそ 森林の楽校2014 
  〜「本物の林業」体験コース〜


******************************************************
      場づくりの重要性を今一度考える
******************************************************
今年度、林業に係る人材育成研修のうちの一つの事業において、
連続的に研修運営をさせていただく機会があり、先日無事に終了しました。
1回4日間の研修を5回行ない、研修生は合計200名強。
全国から将来有望な人材が、研修に参加されました。

森林・林業従事者の人材育成研修に運営スタッフとして関わらせて
いただくようになって数年経ちますが、最近よく思うことがあります。
それは、「たかが運営、されど運営」だということです。
もちろん、「たかが」という気持ちで取り組むことはありませんし、
このようなことはごく当たり前のことかもしれません。
しかし、当たり前ということは、当たり前にできているべきことが
できていなければ、当然ながら研修の進行にあたっては何かしらの
支障が生じるということです。
そして、その影響を一番に受けるのは、他ならぬ研修生です。

------------------------------------------------------
         果たすべき役割と使命
------------------------------------------------------
影響を受け、ストレスを感じる要因は実に様々なところに潜んでいます。
例えば、研修会場の広さ・狭さや明るさ、室温(暑すぎる・寒すぎる)、
会場内外で発せられる人の話し声や雑音も気になってしまうと、
それがストレスになります。
それから、研修生に対しての話し方や態度も重要です。
どんな要因も一度気になってしまうと、改善されない限りはそればかり
気になって気になって仕方がない、ということになり、とても
研修に集中できる状態ではなくなってしまいます。

これは、レストランを例に考えると非常に分かり易いと思います。
いくら料理が美味しくても、店内が汚い、料理の提供が遅い、
店員の態度が悪い等がみえてくると、そればかり気になってしまい、
そのレストランに対する印象のうち、料理が美味しいということは、
ほとんど残らないかもしれません。

研修も同じことが言えると思います。
どんなに良い研修カリキュラムで素晴らしい講師がいたとしても、
研修を行なう環境が良いものでなければ、必ずしも良い研修には
ならないかもしれません。

もちろん研修は、研修を実施すること(参加すること)そのもの
が目的ではなく、何かの資格を取得したり、何かを達成する為に
学ぶ場ですが、その”何か”を始める為のスタートラインでもあります。
そして、その大切な場をつくるのは、我々運営スタッフの役割です。
ですから、研修の運営そのものはもとより、研修生がストレスと感じる
こと、集中力の妨げになるようなことをどれだけ軽減、解消できるかが、
我々運営スタッフの最たる使命なのではないかと考えます。

今後も引き続き、研修等の現場の運営に携わる機会があります。
その際にはこれまで以上に、我々がつくる場に対しての責任、
運営スタッフとしての自覚を持ちながら、快適、最適な環境づくりに
取り組んでまいりたいと考えております。

****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】ブログ------------------------------------------
   人の五感に通じる木の使い方を
   http://spfarm.jugem.jp/?eid=1102693
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

----------------------------------------------------
     四国のへそ 森林の楽校2014 
     〜「本物の林業」体験コース〜
----------------------------------------------------
【と き】 2014年9月6日(土)〜7日(日) 1泊2日
【ところ】 徳島県 三好市 井川町(大学の森)
【宿 泊】 美濃田の淵キャンプ村 バンガロー

【内 容】
◇林業体験(間伐、搬出等)
◇森林や林業のお話、◇交流会  など
 ※交流会は、三好市の林業研究グループ等、地元の方も参加予定です。
【参加費】 当日会場にて集金します
◇学生5,000円/社会人10,000円
(1泊4食代、体験料、保険料等を含む)
◇宿泊不要の場合:学生3,000円/社会人8,000円
 ※お酒を嗜まれる方は1,000円/人の追加料金をいただきます。
 ※JUON会員の方は、上記の額より2,000円割引あります。
 ※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
 ※集合場所までの交通費は各自ご負担下さい。

【定 員】 15名
【最小催行人員】 10名

【締 切】 8月22日(金) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK
【共 催】 三好市


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

『SPF通信』2014.08.19発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:大和田) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る