人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.114−
      2015.03.27発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

今月のSPF通信担当の大和田です。
日に日に暖かくなり、外にいることが気持ち良い
季節になりましたね。
ただし、この季節は花粉症という苦しみが付きまとう
人が多くいることは言うまでもありません。
数年前に比べ花粉症対策のグッズや市販薬も多く
出ていますので、今年花粉症デビューをしてしまった
人も自分の症状や体質に合った対処法をできるだけ早く
見つけて、桜の季節を楽しみたいですね。



◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  絶望の中、森林とともに
  〜立ち上がる勇気をくれた財産〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  平成26年度をふりかえって

3.環境イベント・セミナー情報
  森林と市民を結ぶ全国の集い2015in福島
 〜東北復興に果たす森林の役割と市民活動〜


******************************************************
        絶望の中、森林とともに
******************************************************
今月の11日で、東日本大震災から4年が経ちました。
11日はやはり、4年前のことを思い返していました。
この災害は、大災害というものが決して遠い世界の他人事ではなく
自分と関係のある現実のものなんだと、はっきりと認識した出来事
でした。

時が経つにつれ、どうしても報道で情報を得る機会が減り、
被災地に直接的な関わりが無いと現状を知ることが難しくなって
いるのが現実です。

今でこそ、常磐自動車道の全線開通やJR石巻線の全線運転再開等、
特にインフラについては徐々に回復しつつありますが、それでも
それぞれの街の復旧・復興は、震災発生時は絶望的とも思える状況
だったことでしょう。

そんな中、森林・林業を通じて被災地を立て直そうと立ち上がった
人達がいます。

------------------------------------------------------
        立ち上がる勇気をくれた財産
------------------------------------------------------
直接的な津波被害を受けなかった岩手県のある町では、震災3日後
には地域材のスギを活用して仮設住宅を建設すべく動き出しました。
木造の仮設住宅は、木の香りや柔らかさ、温かみを感じられる
という精神的に安らぎを得られる他、夏は涼しくて冬は暖かく、
追加工事も容易にできる等の利便性も高く評価されているようです。

また、震災をきっかけに森林資源を活用し復興を目指そうと設立され
た団体もあります。
その地域は昔から幾度となく様々な災害が起きており、人々は常に自然
と向き合いながら生きてきました。
震災後、津波で甚大な被害を受けながらも地元住民有志が立ち上がり、
森林資源を活用しての復興を目指す街づくりから、それを次世代に繋い
でいくための取り組みを行なっています。
産業の中心が漁業であったこの地は、多くの人工林がありながらも
長い間手つかずの状態でした。その森林の間伐等で出る材を建築用材や
木質バイオマスとして活用することで、地元で資源を循環させるシステム
を創り出したのです。
また、地元の子どもを主な対象とした森林教室を開催して未来の担い手
を育成する活動も行なっており、今、それから未来の雇用創出にも繋がる
取り組みとなっています。

この他にも震災で大切な人や物を失い、心が折れそうになりながらも
復旧・復興に向けて立ち上がった方々の多くの事例があります。
森林・林業を通じて活動してきた方々にとって、“森林”という資源は
とても心強く、立ち上がる勇気をくれた大切な財産であると思います。
そして、大切な財産であるということは被災地に限ったことではなく、
国土の7割が森林である日本にとって、先人が残してくれた森林は
国民全体で守り育てていかなければならない財産です。

森林を守り育てるための方法は沢山あります。
直接的に森林整備に関わるということはもちろん、家庭やオフィスで
使用する家具や食器に国産材製品を選んだり、森林整備活動をしている
ボランティア団体への募金等も、森林を守り育てる事に繋がります。
大切なのは、私達一人ひとりがいかに自分事として捉え、行動していく
かということです。

当社と致しましては引き続き、森林・林業従事者の人材育成や、国産
間伐材を活用したグッズやワークショップの企画・ご提案を通して、
川上・川下双方で“森林を守り育てる事”に取り組んでまいりたいと
考えております。

****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】ブログ---------------------------------------
   平成26年度をふりかえって
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102702
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

------------------------------------------------------------
       森林と市民を結ぶ全国の集い2015in福島
      〜東北復興に果たす森林の役割と市民活動〜
     [URL]http://moritoshimin-fukushima.jimdo.com/
------------------------------------------------------------
本年も「森林と市民を結ぶ全国の集い」が開催されます。
今回の森林と市民を結ぶ全国の集い2015in福島では、復興に向けて今も
大きな困難(津波、原発、風評等)に直面している福島県の現実を学び、
地域の発展に森林がどのような役割を果たすことができるのか、
福島県の復興に向けて、森林ができること、私たちができることは何かを
全国の仲間と共に考えます。

◎開催概要-----
【日程】平成27年6月12日(金曜日)〜6月14日(日曜日)
【開催場所】1.福島県内4エリアでのエクスカーション
     (1 いわき地区、2 県南地区、3 相双地区、4 会津地区)
      2.全大会 フォレストパークあだたら(大玉村)
【テーマ】東北復興に果たす森林の役割市民活動
【主催】「森林と市民を結ぶ全国の集い2015 in 福島」実行委員会 
    公益社団法人国土緑化推進機構
【共催】福島県緑化推進委員会、うつくしま21森林づくりネットワーク

詳しくは、下記詳細URLよりご確認下さい。


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

『SPF通信』2015.03.27発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:大和田) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm5@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る