人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内





※エス.ピー.ファームにつながる皆さまにBCCでお送りしています。

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.133−
      2016.11.30発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝


SPF通信担当の佐藤です。

東京では11月として観測史上初の積雪を
記録しました。

6〜7億年前には、地球全体が氷で覆われた
時代もあったという説(スノーボールアース)
もあり、長い地球の歴史にとっては些細な
出来事かもしれませんが、私たちには大きな
ニュースでありました。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
   里山利用のこれから
   〜里山への入口は広い〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
   2年ぶりのキープ協会での認定森林施業プランナー研修

3.環境イベント・セミナー情報
    エコプロ2016 〜 環境とエネルギーの未来展[第18回]


***********************************************
        里山利用のこれから
***********************************************

“里山”と聞くと皆さんはどんな風景を思い浮かべます
でしょうか?

 谷津(やつ/緩やかな平地が続く広い谷地形)に田んぼ
や畑が広がり、谷津の両側には、針葉樹の林や針広混交林
のいわゆる雑木林と民家がぽつぽつと。もちろん地域によっ
て様相は様々ですが、緑豊かな“日本の原風景”を思い浮
かべるのではないでしょうか。

 かつて里山は、雑木林から得られる燃料材(薪や木炭)、
作物を育てるために必要な肥料(落葉)、多岐に渡る木材
の利用など生活と密接に関わる場として利用しきちんと整備
されてきました。しかし、エネルギー利用の変化や代替製品
(木材・竹からプラスチック製品など)の普及、都市部への
移住、耕作放棄地の拡大など、時間の流れによって里山を生
活の中で利用する人も機会も徐々に減ってきました。

(近年問題とされている、クマが人里へ出没する一つの要因
としても、里山がクマなどの住む奥山と人里を分ける緩衝地
帯としての役割を果たしていましたが、里山の整備が進まな
くなるとその境もあいまいになり、クマが人里へ迷い込んで
しまうという話もあります。)

 その中で里山を整備・保全していこうという活動は各自治
体や森林ボランティア団体の方々などによって従来から活発
に行なわれています。
生活の一部としての利用が減ってきている中でも、新しい里山
利用や活用が日々進んできています。


-----------------------------------------------
        里山への入口は広い
-----------------------------------------------

 ここ数年の里山では、自然教育などの体験学習の場として
活用されていることはもちろんのこと、エコツーリズムなど
の観光資源としても広く活用され、自然環境に対する意識の
高い外国人観光客向けのツアー(農業体験、日本の古民家滞
在)を開催している地域(岐阜県飛騨市など)では年々参加
者が増加しているとのことです。

 その他、私たちに身近な活動として、里山とフード(地産
地消)を楽しめるマルシェ(市場)や里山とアート、里山と
音楽などいつもとは違った環境の中でそれらを楽しむイベント
も開催され、様々な入口(きっかけ)から里山を訪れる機会を
与えてくれる活動も行われるようになってきました。

 生活の一部としてではなく、都市部に住む私たちにとっては
ある意味“特別な場所”としての利用の方が多いのかもしれま
せん。しかし、そうした少しのきっかけからでも興味を持ち、
「また行ってみよう」と思うようになれば、その先の整備・
保全にもゆくゆくはつながっていくのではないかと思います。

里山はまだまだ多くの可能性を秘めている場所です。どんな
入口からでもまずは一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。

当社でこれから新しい入口を模索し、「里山に出かけてみよう」
と思える企画・提案にも取り組んでまいりたいと思います。


**************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
**************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】ブログ-------------------------------------
  2年ぶりのキープ協会での認定森林施業プランナー研修
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102724
--------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

-------------------------------------------------------
  エコプロ2016 〜 環境とエネルギーの未来展[第18回]
-------------------------------------------------------

 1999年に環境配慮型製品の普及を目的にスタートしたエコ
プロダクツ展は、環境問題が国民的関心事となる中、プロダクツ
に限らず、サービスや環境経営、社会貢献にまでその領域を広げ
てきました。2011年の東日本大震災以降はエネルギーの創出や
効率的な利用を提案する出展も増えています。

また、昨年のCOP21では世界196カ国・地域が参加する新たな国際
的枠組みが決まり、数十年先を見据え、低炭素社会への取り組み
をどう加速させるかが今後の課題となります。
こうした流れと相まって、エネルギーミックスや電力・ガスの
システム改革の視点から、ICTを活用したスマート社会づくり
の動きも活発化しています。

 本展の変容や時代のニーズに即するため、「地球温暖化対策と
環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大テーマ
に掲げ、今回から展示会名を「エコプロダクツ」から「エコプロ
〜環境とエネルギーの未来展」に改称しました。アジアを代表する
環境・エネルギー の総合展示会として、持続可能な社会づくり
を日本と世界、そして未来へ発信します。

 ビジネスパーソンをはじめ、行政・公的機関の関係者、NPO
や大学・研究機関などで環境問題にかかわる方々、そして一般の
生活者から未来を担う子どもたちまで、皆様のご来場を心より
お待ちいたします。

【会 期】 2016年12月8日(木)〜10日(土) 10:00〜18:00
     [最終日(土)は17:00まで]

【会 場】 東京ビッグサイト[東ホール]

【入場料】 無料(登録制)
    
【出展規模】700社・団体/1,500小間(見込み)

【主 催】 (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
                       
(掲載情報は下記公式HPより抜粋)
 詳細⇒http://eco-pro.com/2016/

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2016.11.30発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 y.sato-spf@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:佐藤) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : y.sato-spf@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.




このページのトップへ SPF通信のページへ戻る