人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内



仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.146−
      2018.01.09発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の佐藤です。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、今号のコラムですが、当社代表取締役の近藤が、
今年の方針として、当社の考えを述べさせていただきます。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  新年のご挨拶

2.環境イベント・セミナー情報
  フォレスター・ギャザリング2017東京


******************************************************
          新年のご挨拶
******************************************************

皆様、良いお正月を迎えられましたでしょうか。
(株)エス.ピー.ファームの代表の近藤修一です。
本年も引き続き、弊社並びにエス.ピー.ファーム通信をご愛顧下さい
ますよう宜しくお願い致します。


さて、この年末年始のニュースを観ると、景気は徐々にではあるが伸びて
きており、今年も秋に向けて上向き水準になると予測しているエコノミスト
等が多いように思いますが、皆様はどのようにお考えでしょうか?
少なくとも当社のような零細企業においては、ほとんど実感がわかない
というのが実態なのではないかと思います。一般的には景気が良くなることは
歓迎すべきことなのかもしれませんが、額(量)を増やすことよりも、それを
動かし活用する人や社会の質も高めていくことのほうがもっと重要なのでは
ないかと思っています。


と言いますのは、昨年ある人材育成の委員会の中で、某国立大学の
名誉教授が「日本では"判断力"を養うための教育をしていない」
と仰っていました。私も同感です。これは学校教育のみならず企業教育にも
あてはまります。
それをしない背景には、極端な話し、個々に判断しなくても企業や社会の
中で生きていける、もっとうがった見方をすれば、判断能力の高い人材を
あまり育成しないほうが企業や社会にとって好都合という考え方があった
のではないかと思います。自分以外の誰かが考えたシステムに乗っかって、
与えられた範囲の仕事(役割)だけをこなし、それこそ何か問題が生じても
責任を取らなくて済む楽な仕組みの中に、労働者を囲い込む体系を企業や
社会がつくってきたからではないかと考えます。


そこには使命感や志、さらには目的や目標などを持つ必要性を軽視し、
生産さえしてくれればよいと言う考え方があったのではないでしょうか?
全てとは言いませんが、昨今の日本の大企業の無責任なあり得ない失態に
ついても、そのような体系になっているからこそ、おこるべくしておきたこと
なのではないかと思います。

いつからか企業や社会は、不満の出ない"働きやすさ"ばかりにこだわり、
"働きがい"とは何かということを追求しなくなってしまったのだと思います。
ただこれは、企業や社会のみが悪いのではありません。働き手も先のことを
考えず、今が楽で快適な"働きやすさ"ばかりを求めてきたのだと思います。


では、その価値観や考え方の根源は何か、やはりそれは教育なのだと思います。
個々の可能性を引き出し、目標を見つけてもらい、それぞれに権限と責任を
付与し、その人が真に"働き(やり)がい"のある仕事(こと)だと感じ、
さらには自己実現に向けて成長していくことが歓びと思えるような教育をしていく
必要があるのだと思います。


言うは易し・・・で、実際にはそう簡単には行くはずもありませんが、今、
軌道修正しなければ、本当の意味での豊かな生活というものを私たちは
ずっと手に入れられないのではと思ってしまいます。


「エス.ピー.ファームのような零細企業に何ができる!」と叱咤される方も
いるかもしれませんが、森林・林業・環境という狭い世界、さらにはその中の
ほんの一部門からではありますが、人材育成という重要かつ責任の重い仕事に
携わる者として、今年も当社にできることを精一杯取り組んでいきたいと思って
おります。


皆様、引き続きご支援・ご指導を賜りますよう、心からお願い申しあげます。



****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


-------------------------------------------------------
     フォレスター・ギャザリング2017東京
-------------------------------------------------------

2018年2月10日に東京都内で開催される2017年度フォレスター・ギャザリング
および懇親会の参加申込みを受け付けております。参加希望の方は下記のURL
よりお申込み下さい。なお、各イベントの詳細は次の通りです。

参加申し込みはコチラから↓
https://goo.gl/forms/MXMFs0liJmSDKwaX2


●昼の部
日時:2018年2月10日(土)10:00?15:00
場所:みんなの会議室 代々木第2(JR山手線 代々木駅から徒歩4分)
   〒1510051 東京都 渋谷区 千駄ヶ谷5-14-10 新宿明治通りビル 7階
   https://www.instabase.jp/space/3352

第一部:取組発表
・突き抜ける民間フォレスター、市町村フォレスター
・出向して初めて分かる都道府県のリアル、市町村のリアル
・地域版フォレスター協会の作り方/等

第二部:本音で語ろう
・日本林業はどこに向かうの?
・森林環境税って本当に使えるの?新たな森林管理システムって何さ?
・フォレスターって、もう忘れられてしまったの?/等

※林野庁より森林環境税の話題提供あり

費用:昼食代+会議室賃借料=3,000円/人を想定



●懇親会
日時:2018年2月10日(土)18:00?20:30
場所:ワイス・ワイス表参道
  (東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅4番出口 徒歩5分など)
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-12-7
   http://wisewise.com/about/shop/omotesando/

第三部:国産材家具に囲まれて語ろう
・国産材を使った家具づくりに挑戦するワイス・ワイスさんの表参道店舗をお借りして、
木に囲まれた良質な空間で親睦を深めます。

費用:3,000円/人を想定


/////////ここまで//////////


**************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
**************************************************
新しい"森林活用のかたち"を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181


『SPF通信』2018.01.09発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 y.sato-spf@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:佐藤) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : y.sato-spf@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。


Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る