人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内



※エス.ピー.ファームにつながる皆さまにBCCでお送りしています。

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.153−
      2018.08.31発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の佐藤です。

8月2-5日に世界伐木チャンピオンシップが
ノルウェーで開催されました。
開催期間中は競技の様子が公式HPよりライブストリームで
生配信され、ネット上で観ることもできたので、
観戦された方もいたのではないかと思います。
大会を重ねるごとに日本代表選手も順位を上げているようで
これからが楽しみですね!


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
   自らの学びをふりかえる時間

2.ブログ「寄り合いひろば」
   外の風にあたる

3.環境イベント・セミナー情報
     「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」


*************************************************
   自らの学びをふりかえる時間
*************************************************

 当社では、森林・林業における研修会やセミナーの
企画・運営に携わらせていただいておりますが、研修会などでは
1日の最後、または一連の研修の最後に必ずと言っていいほど
“ふりかえり”という時間を設けております。

異業種の企業のセミナーや学校等の教育機関でも行われており、
文字通り「学んだことをふりかえる時間」です。


ふりかえりにも様々な手法がありますが、研修では主に、

@ 個人でシート(ノート)などにその日(期間)で理解できた
  ことや印象に残ったこと、よくわからなかったことなどを書き出す。
A 複数人で@について順番に話し共有する。

という形で実施することが多いです。


ふりかえりは、得られた情報(知識)を自身の思考と合わせて
“自らの学び(気づき)を整理する”という目的があります。
研修を受けて終わりではなく、その時の自分の気づきを書きとめて、
更には他者に伝えることから自分の学び(気づき)を整理して
おくことが必要になります。


また、研修を終えた後、日が経つごとに研修の内容を忘れて
いってしまいますが、シートを見返してその時に発言したことを
思い出してもらうことで、自らの学びをより長く頭(心)に
とどめておくこともできます。


---------------------------------------
    未来の自分自身へ 
---------------------------------------

ふりかえりでは研修生間で学びを共有するということも
重要なポイントです。


研修会では全国各地から研修生が集まることが多く、事前に
“研修に期待する事は何ですか?”などとアンケートを取ると、
「他地域の研修生と話すのが楽しみだ」
「他の研修生の取り組みを聞いて吸収したい」
といったコメントを多数いただきます。


研修の直接の内容から学ぶということは勿論ですが、
そこに集まる人たちからも多くを学びたいという方々が多いです。
しかしそうは思っているけれども中には
「人見知りで他の人と話せるか心配」
「人前で話すのが苦手」
と不安を持たれて参加される方も中にはいます。


そのような方にも"ふりかえり"の時間はコミュニケーションを
取る機会として有効ですし、互いに共有することで
“自らの学び(気づき)を整理する”に加えて
“他者のふりかえり(気づき)からの学び”を通じて新たな発見ができます。
また時折、熱心な研修生と一緒になるとその熱意がうつることもあります(笑)


そして、最後のステップとして
自分と他者の学びから“今後の自分の行動(アクション)を考える”。
様々な学び(気づき)→行動へと移してもらうことが何よりも重要では
ありますが中々難しいと思います。
しかし、一人で考えるよりも複数で話し合うことで先に進むことが
できるかもしれません。


研修の中では、ほんの数分間の時間ですがこうした“ふりかえり”は
とても大切な時間です。
森林・林業関係は特に地域性が強いため、これをすれば必ず成功するという
必勝パターンはほとんどありません。多くの出会いの中で、
自分、他者の学び(気づき)が未来の行動につながるように…
そんな研修会づくりをしていきたいと思います。





**************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
**************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181


【New !】ブログ-------------------------------------
    外の風にあたる
    http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102740
-------------------------------------------------



****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

  「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」
   の開催及び参加者の募集について

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

林野庁では、東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質の
影響を受けている森林・林業の再生を図るため、森林内の放射性物質の
動態把握や林業再生に向けた技術の実証などに取り組んでいます。
本シンポジウムは、これまで得られた知見や成果などを、地域や都市住民の
皆様に分かりやすく伝え、福島の森林の現状を御理解いただきながら、
幅広い関係者の参画・連携の下で、福島の森林・林業再生に向けた取組を
推進するために開催するものです。
なお、本シンポジウムは平成26年度から毎年度開催しているものです
(東京会場は平成28年度から開催)。


【開催日時及び場所】
1.福島会場
日時:平成30年11月17日(土曜日)13時00分〜16時20分
会場:ラコパふくしま 5階 会議室
所在地:福島県福島市仲間町4-8

2.東京会場
日時:平成30年12月9日(日曜日)13時00分〜16時20分
会場:大田区産業プラザPio 4階 コンベンションホール
所在地:東京都大田区南蒲田1丁目20-20


★詳細、参加お申し込みは、下記URLよりご確認ください。

林野庁HP:
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaihatu/180830.html
全林協HP ▼お申し込みはこちらから:
http://www.ringyou.or.jp/hukyu/detail_1487.html


/////////ここまで//////////




『SPF通信』2018.08.31発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 y.sato-spf@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:佐藤) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : y.sato-spf@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.
─────────────────────────









このページのトップへ SPF通信のページへ戻る