人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
  SPF通信2006−vol.16−
    2006.12.26発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
今年ももうわずか。
SPF通信の新規登録者数も順調に増え、
登録いただいている皆さまに感謝申し上げます。
これからも皆さまにご愛読いただけるよう、
役立つ情報を発信していきたいと思いますので、
ご意見・アドバイス等いただければ幸いです。
来年もよろしくお願いいたします。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
    だれのため?環境報告書ダイジェスト版
   〜目的は”作ること”ではなく”伝えること”〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
   ○企業と森林の関わり
     「人工林と生物多様性編」
   ○企業が取り組める森林保全・活用方法
     「企業と森林の関わり方 〜一般市民・従業員や
     その他のステークホルダーを対象とした啓発活動・情報提供編」

3.環境イベント・セミナー情報
   (1)環境・社会報告書シンポジウム
     〜 責任から信頼へ:社内と社外をどう巻き込むか 〜
   (2)【おすすめ映画】 『不都合な真実』


**************************************
 だれのため?環境報告書ダイジェスト版
**************************************
今年の環境報告書もほぼ出揃ってきていますが、
近年では報告書と一緒に環境報告書を簡潔にまとめた
ダイジェスト版の小冊子が同封されていることが増えています。
まだ先日のエコプロダクツでも、こうした冊子が配布されていました。

環境報告書では企業理念、コンプライアンス、環境コミュニケーション、
社会貢献活動などCSRとして掲載しなければならない要素が多いため、
どうしてもその情報量が増えざるを得ません。
そこで、こうしたダイジェスト版は、ステークホルダーや一般消費者、
子どもなどにも読んでもらおうという目的で作られます。

しかし、実際にその冊子を手にとってみると、
環境報告書から理念と取り組み部分を切り出して、
言葉を短くし、ビジュアルを増やしただけものも少なくありません。
このように単純な省略版ではBtoBの営業先には十分かもしれませんが、
BtoCの場合は本当に伝えたい相手に伝わっているのでしょうか?

当社の環境教育・環境コミュニケーション実績データベースで
調べたところ、こうした冊子を作っている割合は下記の通りでした。

子ども向けダイジェスト版 7社(3%)
ターゲット不明確ダイジェスト版 22社(12%)

※調査対象企業 180社
 (12月25日現在、2006年度環境報告書調べ)

------------------------------------
 目的は”作ること”ではなく”伝えること”
------------------------------------
子ども向けダイジェスト版では言葉やビジュアルなど
子どもたちからの目線で作られていますが、
ターゲットが不明確なダイジェスト版では、
本当に伝えたい相手が求める情報が整理されておらず、
恐らく読み手の関心を損なってしまっていると思います。
このことは環境gooの調査※でも裏づけされており、
企業担当者が考える伝えるべき項目の優先順位と、
読者が考えるそれを比較したものでは大きく違いがでました。

特に生活や消費の鍵を握っている主婦をターゲットにするダイジェストは
ほとんど作られていないのが現状です。
主婦にとっては企業の取り組みがいかに生活に密接し、
いかに生活に必要なのか、役立つのかを知りたいところですが、
そういった視点で作られた冊子はほとんどありません。

また、例えターゲット別にダイジェスト版を作ったとしても、
作った後、どのように配布するかを最初の企画段階で
考えられていないということもありがちなことです。
これではせっかく作っても、ターゲットに伝えることができません。

今後、環境報告書だけでは伝えきれない情報を
ダイジェスト版で伝える動きはますます増えてくるでしょう。
しかし、ダイジェスト版の目的は”作ること”ではなく”伝えること”
であることを企画段階からしっかりと考える必要があり、
当社でも特に注意している点です。

※環境goo会員調査
http://eco.goo.ne.jp/business/marketing/er/enq06_3.html


***************************
  ブログ「寄り合いひろば」
***************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森林に関わりたい方、
また企業とともに森林への取り組みを行いたい方に役立つ情報を
カテゴリーに分けて発信しています。

◎カテゴリー
○企業と森林の関わり
   「人工林と生物多様性編」
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=608466
○企業が取り組める森林保全・活用方法
   「企業と森林の関わり方 〜一般市民・従業員や
   その他のステークホルダーを対象とした啓発活動・情報提供編」
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=608998
○一度、森林での体験プログラムを試してみませんか? 
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  ほか

※「つぶやき」コーナーでもスタッフが気ままにつぶやいています。
ご意見、ご感想お待ちしています。
http://spfarm.exblog.jp/



***********************************
  環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」掲示板から
  ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

--------------------------------------------------
 環境・社会報告書シンポジウム
 〜 責任から信頼へ:社内と社外をどう巻き込むか 〜
--------------------------------------------------  
各種ガイドラインの動向やISO26000シリーズの見通しを
テーマとした基調講演、環境・社会報告書リサーチ結果の分析を
進めた上でのパネルディスカッションと大変有意義な内容。


■日 時/2007年2月13日(火) 13:30〜17:45(開場13:00)
■会 場/株式会社損害保険ジャパン 本社ビル 2階大会議室
■パネリスト/
池田秀文氏 (経済産業省 産業技術環境局 環境調和産業推進室長)
上山靜一氏 (イオン株式会社 環境・社会貢献部 部長)
魚住隆太氏 (あずさサスティナビリティ株式会社 取締役)
後藤敏彦氏 (環境監査研究会代表幹事)
関正雄氏 (株式会社損害保険ジャパン CSR・環境推進室長)
田村太郎氏(多文化共生センター 前代表理事/IIHOE[人と組織と地球の
ための国際研究所]研究主幹)
【50音順】
コーディネーター 川北秀人氏(IIHOE [人と組織と地球のための
国際研究所] 代表)

■料 金/無料
■定 員/250名(事前登録制)
■主 催/環境goo(NTTレゾナント株式会社)
■後 援/環境省(予定)、経済産業省、
       サスティナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク 【50音順】 


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


--------------------------------
 【おすすめ映画】 『不都合な真実』
--------------------------------  
環境問題に関するスライド講演を世界中で開いてきた、
アメリカの元副大統領 アル・ゴアが、
地球を愛し、子どもたちを愛する全ての人へ、
「人類が滅亡するまでの真実のシナリオ」を明らかにするドキュメンタリー。

■2007年1月20日(土)より
 TOHOシネマズ六本木ヒルズほか、全国でロードショー

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi




『SPF通信』2006.12.26発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(有)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(有)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.
────────────────────────────────
  
このページのトップへ
  
SPF通信のページへ戻る