人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

  〜人と人、人と自然とつなぐ〜
     SPF通信−vol.26−
       2007.11.5発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
この時期になると、当社にも各企業から
多数のCSR・環境報告書が届きますが、
こうした内容を社内では社員がどう理解し、
実際、社員ひとり一人の行動にどのように
結びついているのでしょうか?
このことについては、報告書を作成している
多くの担当者も懸念されているようです。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
    環境問題を身近に感じる力を育てる
   〜もう一度、社内環境教育の見直しを!〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
   新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ

3.環境イベント・セミナー情報
   第9期「森林の楽校 森林ボランティア青年リーダー養成講座」


**********************************
 環境問題を身近に感じる力を育てる
**********************************
当社と協力関係にあるNPO法人「みんなの森づくり協会」では
先月、茨城県石岡市にて森林ボランティアセミナーを開催しました。
このセミナーはNPO法人化する以前から継続して
毎年1回実施しているものです。
「企業人の森林ボランティア」を一つのコンセプトとし、
それまでボランティアや環境保全活動に参加したことのない
会社員でも気軽に参加できることを目指してプログラムを
組んでいます。

このセミナーでは、間伐がされないことから
日が差し込まず薄暗い人工林で間伐作業をします。
その中で参加者の多くは、まず「楽しかった」、
「久々に自然の中で体を動かして気持ちが良かった」
という感想を持つようです。
そして、地域の方々との交流や、普段立ち入ることのない森林に
入る経験を通じて、「森林」や「森林問題」を身近に感じるようです。

自然との距離感を縮めたり、環境問題を身近に感じることは、
環境に関心を抱く大きな一歩です。
そして、このような「気づき」は体験プログラムでしか得られません。
このような理由から、「体験」は「気づき」や「五感」といったことを
キーワードに、環境教育の基礎をなしていると考えられます。

----------------------------------
 もう一度、社内環境教育の見直しを!
----------------------------------
これから環境への取組みを始めようとする企業において
は尚さらでしょうが、「環境に熱心な企業」と知られ、
比較的、認知度の高い環境への取り組みを実施している
企業でも、社内では環境への関心がそれほど広がって
いなかったり、自社の環境への取組みについて
「よく分からない」という社員が多いということが珍しくありません。

「環境」が企業価値を定める一つの評価軸になりつつある中で、
このような環境に無関心な社員の意識をいかに高めるかは、
企業が依然として抱えている課題です。

環境教育の取組みが多くの企業で行われるようになって
久しいですが、企業内の環境教育は、知識詰め込み型の
環境教育に偏る傾向にあるようです。しかし、環境問題に
関する情報を提供し、それを解説するだけでは、
環境教育は本来成立しないはずです。

実務に対応するためや、「常識」としての環境知識を一定度
持ち合わせていても、環境問題そのものへの当事者意識や
環境への関心が薄い社員を育てる環境教育を継続している
企業は、環境教育の考え方や取組みを見直す必要があるでしょう。

今後、ますます企業の環境対応が求められるだろうことを鑑みると、
企業は自分の言葉で環境を説明し、企業としての環境への
取組みがなぜ重要かを理解する社員を育成することを
環境教育の一つのゴールとするべきです。
そしてそのためには、「体験」を環境教育の基礎として、
その機会をいかに社員に提供するかという視点が重要に
なってくるのではないでしょうか。


***************************
  ブログ「寄り合いひろば」
***************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方

◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  


***********************************
    環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

-----------------------------------------------------
第9期 「森林の楽校 森林ボランティア青年リーダー養成講座」
               参加者募集      
-----------------------------------------------------
●日程・プログラム予定
 ・第1回 2007年12月1日(土)
      【杉並区】オリエンテーション
 ・第2回 2007年12月8日(土)〜9日(日)
      【奥多摩町】人工林保全活動
 ・第3回 2007年12月22日(土)〜23日(日)
      【奥多摩町】人工林保全活動
 ・第4回 2008年 1月12日(土)〜13日(日)
      【青梅市・奥多摩町】里山保全活動・森林の現状視察
 ・第5回 2008年 1月26日(土)
      【杉並区】振り返り・今後のために
●対象
 【18〜40歳】 ※初心者・経験者問いません!
 ・森林ボランティアのリーダーになりたい人
  −新しい活動を始めたい人
  −森林作業の技術を身につけたい人
  −森林で継続して活躍したい人
  −環境問題に関心がある人
  −新しい仲間が欲しい人
  −日本の森林をなんとかしたい人
  −自然が大好きな人
●定員
 20名程度
●参加費
 一般10,000円/学生・JUON NETWORK会員9,000円
 (宿泊、食事、保険代など含む全5回分。
  ただし、現地までの交通費はご負担下さい。)
●主催
 特定非営利活動法人 JUON(樹恩) NETWORK


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



『SPF通信』2007.11.5発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(有)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(有)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る