人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

  〜人と人、人と自然とつなぐ〜
     SPF通信−vol.29−
        2008.2.8発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
立春と言えども、まだまだ寒いこの季節。
当社は暖房の温度を低めに設定しているので、
スタッフが厚着をしたり、ひざ掛けをしたりと、
それぞれ寒さ対策しているのですが、
最近の足元から冷えるこの寒さに
湯たんぽの購入も考え中・・・。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
     企業が発信するエコ コンセプト
    〜楽しいイメージで共感者を増やす〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
    計画的で質の高い「企業の森づくり」を

3.環境イベント・セミナー情報
   (1)グリーンパワーキャンペーン
   (2)立教大学ESD研究センターCSRチーム キックオフ・シンポジウム


*********************************
    企業が発信するエコ コンセプト
*********************************
昨年12月に開催された「エコプロダクツ2007」。
今回も多くの企業や団体がブースを出し、
それぞれの環境への取り組みを紹介していましたが、
その中でも一風変わったブースの東京ガスに目がとまりました。

ブース内にはピンクのハートマークが多用されており、
淡いグリーンのかわいいイラストとともに、
東京ガスの環境への取り組みだけでなく、
省エネを心がけるライフスタイルを楽しもうという
メッセージが発信されていました。

----------------------------------
  楽しいイメージで共感者を増やす
----------------------------------
この東京ガスのブース、今回のテーマは”エコハピ”だそうです。
   ……………………………………………………………
    エコハピ
 
  〜エコな暮らしでHAPPYに〜
  省エネを心がけたり、環境に配慮した製品を使ったり、
  木を植えたり、お湯を大切に使ったり・・・。
  身近なエコを楽しめば、いつもの暮らしがもっとHAPPY。
  ……………………………………………………………
これは、東京ガスが昨年から発信し始めたコンセプトです。
その真意をご担当の方にうかがったところ、

”「省エネ」「エコ」「環境に配慮した生活」というと、
環境のために自分の生活を我慢したり、頑張ったりという
イメージの方もまだまだいると思いますが、
実は、エコな暮らしというのは、地球環境だけでなく、
健康や美味しい食、家族の団欒、光熱費の節約といった、
それぞれのHAPPYにもつながっている。
そういう暮らしの提案を楽しいイメージとともに伝えていきたい”

ということから生まれた言葉だそうです。
そのため、この”エコハピ”は東京ガスの取り組みに限らず、
この言葉とコンセプトを知った人たち皆が、
それぞれの”エコハピ”を感じてほしいそうです。

こうしたエコの新しいコンセプトを発信することで
そのイメージを変えようという動きは、数年前から
『ソトコト』や『ecocolo(エココロ)』などのメディアではありました。
しかし、一企業が発信しようというのは新しい動きではないでしょうか。

最近では通信販売のフェリシモも、”ecolor(エコラ)”という
「ハッピーに、カラフルに、エコライフを楽しく始めるサイト」
をオープンし、環境配慮商品の販売やコミュニティにより、
楽しいイメージとともにエコライフを促進しています。

企業は近年、ブランドイメージの向上のため、
積極的な環境PR、コミュニケーションを行うようになりました。
しかし、環境やエコというものに対する消費者のイメージは
個人差があり、ストイックでハードルの高いものという
イメージの方もいると思います。

今回の東京ガスやフェリシモが発信し始めたことは、
その企業の環境への取り組みを伝えようというものにとどまらず、
エコを楽しく、身近に感じてもらうという
もっと広義なエコそのもののコンセプトであり、
そのことはエコに対する共感者が増えることにつながります。
そして、こうした共感者が増えるということは、
企業が行う環境への取り組みの社会的価値を
さらに高めることにもなるのです。


***************************
  ブログ「寄り合いひろば」
***************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム------------------------------
   計画的で質の高い「企業の森づくり」を
  http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=761097
------------------------------------------


********************************
    環境イベント・セミナー情報
********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

--------------------------------
   グリーンパワーキャンペーン
--------------------------------
■日時/2月21日(木)、22日(金)
■会場/東京国際フォーラム
     (地上広場、B7ホール、地下展示ホール/会議棟)
■入場料/無料
■主催/経済産業省資源エネルギー庁
■イベント概要/
2007年ノーベル平和賞を受賞したIPCC*の議長、レジェンドラ・K・パチャウリ氏、
末吉竹二郎氏(国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問)、
茂木健一郎氏(脳科学者・理学博士)らによる基調講演をはじめ、
エコへの関心が高いミュージシャンのライブステージ、
最新技術や製品・サービスの展示など、
グリーンパワーの最先端を盛りだくさんにお届けします。

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


--------------------------------------------------------------
 立教大学ESD研究センターCSRチーム キックオフ・シンポジウム
 「サステナビリティ」というブランド価値
 〜スウェーデンさきがけの持続可能性コンサルタントからのメッセージ〜
--------------------------------------------------------------
■日時/3月8日(土)午前10時〜午後12時30分
■会場/立教大学池袋キャンパス7号館1階 7102教室
■参加費/無料
■開催概要/
講師に持続可能なスウェーデン協会創始者兼理事で環境教育のコンサル
ティング会社であるエーサム社社長のグンナル・ブルンディーン氏を迎え、
スウェーデンにおける社会と企業との関係性や「サステナビリティ」と
いうブランド価値の海外輸出についてご講演いただきます。
また、ESD研究センター「CSRチーム」の紹介の他、日本の企業・
団体におけるESDの推進可能性について話し合います。

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



『SPF通信』2008.2.8発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る