人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
   SPF通信−vol.30−
      2008.3.7発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
当社の近所にあるエコロジーをテーマにした
コンセプトショップ「GAIA」。
原材料や添加物にこだわった生活雑貨、
旬や生産者・有機農法などにこだわった野菜・食品が
店頭に並び、お店の前を通るだけで季節を感じられます。
今月は黄金柑やはっさくが入荷し、
25年間農薬・化成不使用なので、
皮もマーマレードやお風呂に入れて楽しめるそうです。

※エコロジーショップGAIA
http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/



◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
     「エコ」=「お墨付き」のイメージ先行ではなく実態を
    〜消費者自身の判断を助ける企業の情報〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
    連携が高める森づくり市民団体の可能性

3.環境イベント・セミナー情報
    第6回 森の“聞き書き甲子園”フォーラム


***********************************************
  「エコ」=「お墨付き」のイメージ先行ではなく実態を
***********************************************
当社が事務用品を購入している某通販会社のサイトで、
最近、一連の古紙配合用紙に関するお詫びが掲載されています。
エコマークやR100マークを信用し購入していた商品が、
実はその製造過程に偽装があったということに衝撃を受けました。
そんな最中、3月3日の読売新聞にも、
一連のエコ偽装によって「環境マーク」の信頼も
崩れてきているという記事が載っていました。

--------------------------------------
  消費者の判断を助ける企業の情報発信
--------------------------------------
日本環境協会が発行しているエコマーク。
1989年に誕生したこのマークは、その歴史の古さと、
近年の「環境に配慮した商品を購入したい」という消費者意識の
広がりから、その認知度も高いものになっています。

コクヨグループのコクヨビジネスサービス株式会社が、
2008年1月15日発表した「環境に関する意識調査」
(有効回答数は20歳以上の男女1023名)による、
環境用語の認知に関するアンケートで、「エコマーク」という用語は、

 「名前を見聞きしたことがあり内容も知っている」 62.0%
  + 「名前を見聞きしたことがある」 34.5% = 96.5%

という結果になったそうです。
しかし、このエコマークの認定は企業の申請書類によるものであり、
企業側が偽装し、消費者を裏切っていたのでは、
マークを「お墨付き」にすることは出来なくなってしまいます。

さらに、同調査では、
「(企業が)環境配慮した商品づくりは当たり前だと思うか」
という質問に対し、

 「とてもそう思う」 52.8% + 「ややそう思う」 43.5% = 96.3%

この結果からしても、すでに企業に対する環境への取り組みは、
消費者から当たり前のように期待されているものなのです。

逆に、消費者側ができることに対する質問
「2008年に環境を考えてチャレンジしたいこと」では、
 「ゴミの仕分け」 「電気・ガス・水道の節約」 「詰替え商品の購入」
といった身近なテーマがトップ3に入っています。

環境への取り組みは、商品を提供する企業側と
購入する消費者側が一丸となって進めなければならないもの。
消費者の環境への意識が高まるに連れ、
環境への取り組みを行う企業のブランドイメージが高まることは、
すでにご周知の通りで、企業も環境配慮商品の開発や、
CSR・社会貢献の位置づけでの取り組みを積極的に行い、
環境PRも競うように行っています。

ただ、本当に環境に配慮された取り組みなのか、
それを消費者が判断することはなかなか難しく、
企業側が発信する情報に頼らざるを得ません。
「エコ」という言葉のイメージで、
環境に配慮しているという「お墨付き」を先行させるだけではなく、
信頼される企業として、その根拠や専門家による第三者評価など、
消費者自身で判断できる情報を伝えることが、
ますます求められてきているのではないでしょうか。


※「環境に関する意識調査」(コクヨビジネスサービス株式会社)
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0179120_01.pdf



***************************
 ブログ「寄り合いひろば」
***************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム------------------------------
   連携が高める森づくり市民団体の可能性
  http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=770288
------------------------------------------


********************************
  環境イベント・セミナー情報
********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

-----------------------------------------
  第6回 森の“聞き書き甲子園”フォーラム
-----------------------------------------
今年度の森の“聞き書き甲子園”の活動成果を発表するフォーラム。

■日時/平成20年3月23日(日)開場:12時30分 開演:12時45分〜16時
■会場/江戸東京博物館ホール
■入場料/無料

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



『SPF通信』2008.3.7発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る