人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝
 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
   SPF通信−vol.34−
     2008.7.11発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
米General Motors(GM)社などが実施し、5月に発表した
燃料効率と自動車意識の調査。
この調査によると、回答した女性の9割り近くが、おしゃべりするなら
『ポルシェ』(最新型のスポーツカー)に乗っている男性よりも
『プリウス』(最新型の低燃費自動車)に乗っている男性の方が
好ましいという結果になったそうです。
日本でも3月に滝川クリステルアナウンサーが
「理想の男性は地球に優しい人」と答えたことが話題になりました。
今や”エコ”はモテる男性の必須条件なのでしょうか。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
     消費者に響く、信頼できる” エコ ”情報の発信
     〜 短絡的ではない、具体的な” エコ ”PRを 〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
    今、何を伝えるべきか?環境問題におけるマスメディアの役割

3.環境イベント・セミナー情報
   (1)第103回環境ゼミナール
     平成19年度 森林・林業白書について 〜林業の新たな挑戦〜
   (2)「鳩ノ巣 森林の楽校2008夏」
     森づくり体験50%+自然散策50%


*****************************************
消費者に響く、信頼できる” エコ ”情報の発信
******************************************
6月は環境月間。そして今回の洞爺湖サミットもあり、
テレビや雑誌などではエコ特集が組まれたり、
企業もキャンペーンやCMを実施したりと、
今日では” エコ ”という言葉を聞かない日はありません。

博報堂生活総合研究所が3月に実施した『世界8都市・環境生活調査』でも、
 「地球温暖化への危機感」(88.4%)、
 「経済発展より環境保護を優先」(90.2%)
と、東京の生活者の環境意識は世界8都市中トップでした。

これまで、環境への最大の問題は”無関心”とされてきました。
しかしこうした意識調査などをみると、温度差はあるにせよ
関心を持っている人は増えてきたようです。

そして、最近はマイ箸やマイバッグを持ち歩くなど、
できることから始めている消費者が増えてきています。
その動機として、本メルマガの最初に触れたように、
「モテるから」というのも有りだと思います。
イメージ先行で行動する消費者にとって、
これは自然な行動心理ではないでしょうか。

--------------------------------------
短絡的ではない、具体的な” エコ ”PRを
--------------------------------------
しかし、時代の先を仕掛けるべき企業としては、
いつもでもイメージ先行のままでよいのでしょうか?

近年、「環境ブランドイメージ」=「企業ブランドイメージ」といわれ、
多くの企業が環境への配慮の代名詞のように” エコ ”をPRしてきました。
その盛り上がりの象徴的な動きが、この環境月間だったような気がしますが、
内容をみると何がエコなのかよく分からない、イメージ先行の短絡的な
ものが非常に多いように感じています。

さらに、” エコ ”と称されている商品でも、
実はその商品の製造に膨大なエネルギーを使っていたり、
エネルギーを作り出すのに、大量のCO2を排出していたり、
よくよく調べると疑問に思う商品もあります。

このようにどこの企業でもエコをPRしている昨今、
短絡的なイメージ先行では他社との差別化ができないだけでなく、
下手をすると消費者からの信頼をなくしてしまうかもしれません。

本来、環境への取り組みはブームであってはいけません。
例え、消費者のエコな行動への動機がイメージ先行であっても、
飽きたからやめるのでなく、最初の行動をきっかけに継続して、
ライフスタイルをシフトさせて行かなければならないものです。
こうした状況におかれている消費者が支持するのは、
信頼できる” エコ ”を発信する企業です。
イメージ先行で、具体的なことは見えてこない” エコ ”PRは
いずれ消費者へのブランドイメージとして響かなくなるでしょう。


***************************
 ブログ「寄り合いひろば」
***************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム--------------------------------------------
  今、何を伝えるべきか?環境問題におけるマスメディアの役割
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=812737
--------------------------------------------------------


********************************
 環境イベント・セミナー情報
********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

-----------------------------
  第103回環境ゼミナール
-----------------------------
■日 時/2008年7月16日(水)17:00〜18:30
■場 所/財団法人 日本環境財団
■テーマ/ 平成19年度 森林・林業白書について 〜林業の新たな挑戦〜
■講 師/ 松永 彦次 氏  林野庁企画課 年次報告班課長補佐
■会 費/無料

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


----------------------------------------
 「鳩ノ巣 森林の楽校2008夏」
 森づくり体験50%+自然散策50%
----------------------------------------
■日 時/2008年7月26日(土)
■場 所/東京都西多摩郡奥多摩町
■参加費/学生・会員1000円/一般2000円(保険料・交流会費等)
■内 容/森林保全についてレクチャー・ネイチャーゲーム
       作業体験(下刈り*)・交流会     
         [オプション]:「もえぎの湯」での温泉入浴
■定 員/20名
■締 切/7月18日(金) ※過ぎた場合はご相談下さい。
■主 催/JUON NETWORK

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆
 間伐材グッズ&クラフトワークショップ
 http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2008.7.11発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る