人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝


〜人と人、人と自然とつなぐ〜
   SPF通信−vol.39−
     2008.12.5発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
今年も11(木)・12(金)・13(土)と
ビッグサイトで「エコプロダクツ2008」が開催されます。
出展する方たちは、今が大詰めで大変なときですね。
エコプロダクツでは展示会場以外にも
様々な環境に関連するセミナーが併催されますが、
今回は「企業の森づくり」にも重点がおかれた
『低炭素社会へ向かう「美しい森林づくり」リレートーク』
も開催されるそうです。
http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
    社会的ニーズが高まるエコツアー
    〜先進的な企業としてエコを体感する場を提供する〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
   「企業の森」を地域活性化のためのプラットホームに

3.エコプロダクツ2008 併催
  『低炭素社会へ向かう「美しい森林づくり」リレートーク』
  〜パートナーシップで進める森林づくり〜


******************************************
   社会的ニーズが高まるエコツアー
******************************************
11月28日、旅行会社のJTBは、約3000人から回答を得られた
エコツアー関するアンケート調査の結果を発表しました。
その結果によると、
【旅行でのエコ活動を意識していますか】という質問に、
約7割が「意識している」「ときどき意識している」と答えたそうです。

実際に取り組まれているエコ活動の多くは、
歯ブラシ・マイ箸などを持参、タオルを翌日も使うなどといった身近な活動。
しかし、注目したいのは実際にエコを体感できるツアーへの
社会的ニーズの高まりです。
【いままで旅行で取り組んだことのあるエコ活動は何ですか】と
【今後、旅行で取り組みたいエコ活動はありますか】に
関する質問の答えを比較すると下記の項目が飛躍的に伸びています。

 「世界自然遺産などのガイドツアーに参加」 10%【いままで】→30%【今後】
 「植樹・植林・間伐体験」 3%【いままで】→21%【今後】

さらに、【旅行会社のツアーで、こんなエコツアーが
あればいいと思うものはありますか】という質問に対しては、
「地球温暖化の実態を肌で感じることができるツアー」など、
現状を知ることができるものや、「エコに積極的な企業の見学ツアー」
「エコ活動を行っている先進地の視察」といった、
先進的な取り組みを見学したいという意見が寄せられています。

※JTBプレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0206351_01.pdf
 
---------------------------------------------
  先進的な企業としてエコを体感する場を提供する
---------------------------------------------
こうした調査結果からも、環境への関心の高まりは明らかですが、
このニーズには、旅行会社が提供するツアーだけでなく、
企業が提供するイベントなどでも応えることができます。

例えば、銀座三越の今年の福袋の目玉は、
究極の『エコ』という「銀座三越的農業生活」(1組2人のみ=31,500円)。
農地(11坪)の1年間賃貸と、無農薬栽培を行なうオーナーによる実地講習、
水道使用量や管理費なども含まれる商品だそうです。
「自分で食べるものは自分で作り収穫する」というエコのほか、
「食の安全」「物価の高騰」「産地偽装」などの世相もうまく反映されています。

また、このようなイベントやツアーというのは、
受け入れ側の地域も応援することにもなります。
各地域には、その地独自の魅力的な自然や文化があるのですが、
その魅力も、その土地に住む人には慣れたものになってしまっています。
しかし、外部からの「よそ者」がその魅力を探し出せば、
それがその地の「宝」として認識されるのです。
当社が企画する体験イベントなどでも、
参加者が体感し、気づきを促すプログラムにするとともに、
地域の貢献にもなるように心がけています。

様々な環境への取り組みが期待される企業として、
こうしたJTBのエコ意識に関する調査結果は、
今後の指針を決める上で見逃せない情報と言えるでしょう。
エコを体感できる場の提供という消費者ニーズに応えられ、
地域の応援にもなるイベントやツアー。
今後のリアル環境コミュニケーションの手法1つとして、
重要視すべきではないでしょうか。


*************************************
    ブログ「寄り合いひろば」
*************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム----------------------------------
   「企業の森」を地域活性化のためのプラットホームに
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=859053
----------------------------------------------


***********************************
    環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

---------------------------------------------------
        エコプロダクツ2008 併催
 『低炭素社会へ向かう「美しい森林づくり」リレートーク』
     〜パートナーシップで進める森林づくり〜
---------------------------------------------------
■日 時/平成20年12月13日(土) 13:00〜17:15(受付12:45〜)
■場 所/『東京ビッグサイト』会議棟「102会議室」(1階)
■主 催/美しい森林づくり全国推進会議
■協 力/ 林野庁、(社)国土緑化推進機構、
        (財)日本木材総合情報センター
■参加費/無料
■内 容/以下の3部構成で実施します。
          ※セッション毎に参加を受け付けます
    《セッション(1)》(13:00〜14:15)
      「『美しい森林づくり』が創り出す、新しい低炭素社会」
    《セッション(2)》(14:30〜15:45)
      「温暖化防止に向けて、多様化をみせる『企業の森づくり』」
    《セッション(3)》(16:00〜17:15)
      「温暖化防止に向けて、多様化をみせる『木づかい運動』」  

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆
    間伐材グッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


-------◎年末年始休業のお知らせ◎-------

  2008年12月27日(土)〜2009年1月4日(日)
 
   誠に恐れ入りますが、上記期間中は
   年末年始休業とさせて頂きます。
----------------------------------------

『SPF通信』2008.12.5発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る