人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝


 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
   SPF通信−vol.42−
     2009.3.9発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
少しづつ暖かくなり、春の訪れを感じる今日この頃ですが、
年度末のこの時期、当社ではお手伝いさせていただいている
企業や団体の今年度中に完了させなければならない事業と、
来年度の事業としてご提案する企画づくりで、
もっとも忙しい時期になります。
このことからも、季節を感じる今日この頃です。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
    コーディネーターを育てる 研修プログラム
    〜まずは自分の立ち位置を整理し、企画づくりのプロセスを学ぶ〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
   2008年度 企業による日本の森林保全・森林活用動向の調査結果(3)

3.環境イベント・セミナー情報
   第7回 森の”聞き書き甲子園”フォーラム


***************************************
コーディネーターを育てる 研修プログラム
***************************************
環境や森林への取り組みを進める上でのキーパーソン、
それがコーディネーターです。

「コーディネート」を辞書でひくと、
=「各部を調整し、全体をまとめること」と記載されています。
環境や森林という大きな問題への取り組みは、
様々な立場の人が連携し、一丸とならなければなりません。
その様々な立場の人の思いを調整し、”折り合い”をつけ、
まとめていくのがコーディネーターです。
例えば、企業が環境への取り組みを進める際でも、
全社員が一丸となった意識的な行動が求められますが、
そこには環境やCSRのご担当という旗振り役の
コーディネートが必要になります。

------------------------------------------------------
まずは自分の立ち位置を整理し、企画づくりのプロセスを学ぶ
-------------------------------------------------------
環境や森林が抱える問題は複雑に絡み合った人の上にあります。
この様々な立場にいる人には、それぞれ思いや考えがあり、
誰かがそこの折り合いをつけて、つなげていかなければ、
その問題への取り組みは進みません。
そこで重要な役割を果たすのがコーディネーターです。
現在はこのコーディネーターを育てることが社会的に急務とされており、
当社でも、特に行政や公益的な団体からの要請で、
研修プログラムの企画・運営をしたり、
ファシリテーターとしてワークショップを行っています。

しかし、こうした研修で感じるのは、
受講者のモチベーションの温度差や意識の違い。
”コーディネーター”というものを漠然としたイメージだけでとらえ、
自分の立ち位置がわからないまま受講していると、
コーディネーターとしての役割や、自覚、
所属団体で求められているもの、そこのある課題もわからず、
研修で何を学べばいいのか視点が定まりません。

また、新しい仕組みをつくったり、事業を始めたりする上での
企画立案・実行においても重要なコーディネーターですが、
コーディネーターをめざす研修の受講生であっても、
そもそも、この企画づくりのプロセスを知らないということがあります。
企画を立てるには、目的・ねらいを定め、
社会的な動向を調べ(マーケティング)、
お金・人材などの財産(ポテンシャル)を分析して、
手法を工夫し、目的を達成するという
プロセスを踏まなければ成功しません。

コーディネーターを育てる研修プログラムでは、
企画づくりのプロセスを始めて知る方にも分かりやすい
講座などを設けていますが、まずは「コーディネーターとは」
についてじっくり考えることから始めます。
自分の立ち位置と求められる役割を明確に自覚するためです。
自分の立ち位置が分かれば、自分が求められている役割の
重要性と可能性を理解できモチベーションもあがりますし、
企画づくりをする上での課題も見えてきます。

研修には先駆的な事例から学ぶプログラムも含まれていますが、
こうした視点があることではじめて、その事例を他人事として
捉えるのではなく、将来、自分が現場で果たすべき
コーディネーターの役割を実践する上での工夫例として
捉えられることができるのです。

コーディネーターを育てる研修プログラムでは、まずは、
自分の立ち位置を明確に自覚し、企画づくりのプロセスを学び、
何をすべきか、何が課題なのかという視点を最初に持つ。
その上で、先駆的な事例をみたりすると、実際にコーディネーター
として役割を果たす現場で活かされる研修になるのです。


*************************************
   ブログ「寄り合いひろば」
*************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム---------------------------------------------
2008年度 企業による日本の森林保全・森林活用動向の調査結果(3)
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=882989
---------------------------------------------------------


***********************************
   環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

---------------------------------------------------
     第7回 森の”聞き書き甲子園”フォーラム
---------------------------------------------------
「森の“聞き書き甲子園”」の一年間の活動成果を発表するフォーラムを、
3月29日に江戸東京博物館ホールにて開催します。
基調講演として竹田純一さん(里地ネットワーク事務局長)に
里山の暮らしについてお話しいただくほか、「森の名手・名人」(3名)と
代表作品に選ばれた高校生に舞台に上がっていただき、
塩野米松さん、阿川佐和子さんによるインタビューが行われます。
名人と高校生の出会いから、何が生まれ、何が変わったのか。
それぞれの想いをぜひ聞きにきて下さい。

●開催場所/江戸東京博物館ホール
        http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
●開催日時/平成21年3月29日 12:45〜16:00(開場時間12:10)
●参加費/無料
●申込み締切り/3月27日(金)

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi
       


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆
    間伐材グッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2009.3.9発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る