人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
   SPF通信−vol.51−
     2009.12.4発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
先日、ゲレンデに滑りに行ってきました。
この時期だとまだ人口雪で作ったコースのみですが、
これから続々とスキー場がオープンしていきます。
ただ、年々雪が減っていますね。
以前は暖冬の年があっても、翌年は寒い冬になったりしたのですが、
最近は暖冬続きだし、気温が下がらずに
降っても雪にならないで雨になってしまうことがあります。
これも地球温暖化の影響でしょうね。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  7割の企業が「生物多様性は重要であるが自社との関連性は低い」
  〜関連性の分析を重視し、方針を明確にした取り組みを〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  生物多様性COP10に向けて〜企業と生物多様性その8
  「生態系・生息地保護」(2)

3.環境イベント・セミナー情報
  日経BP環境プロジェクト
  日経エコロジー 日経BP環境経営フォーラム スクエア
  〜企業・自治体・学校など、あらゆる立場から
                  環境ビジネスの新たな可能性を探る〜
  『山村・森林の豊かさが、日本の力になる 山村再生支援センター』


*************************************************************
 7割の企業が「生物多様性は重要であるが自社との関連性は低い」
*************************************************************
COP10まで1年と迫り、生物多様性への関心も高まりつつありますが、
2006年に環境省が実施した「企業の生物多様性に対する認識」という
アンケート調査では、8割の企業が「生物多様性の取り組みをしていない」、
7割が「生物多様性は自社の活動との関連性は低いと考えている」と
いう結果でした。

しかし実際は、原材料の調達から、製造・輸送・流通といった操業、
工場建設などの土地利用にいたるまで、
ほぼすべての過程で企業活動は生物多様性と関係しています。

このアンケートは2006年なので、近年では少し状況が変わってきて
いるかもしませんが、「自社の活動との関係性が低い」という認識は、
今でも多数派な気がします。

--------------------------------------------------------
  関連性の分析を重視し、方針を明確にした取り組みを
---------------------------------------------------------
その背景には、生物多様性が多岐にわたり複雑な概念なので、
自社の活動の関係性が分かりづらいことがあげられます。

先月末、当社のスタッフも参加した、
三井住友海上火災保険(株)の主催する「企業が語るいきものがたりPart3
〜COP10に向け、企業がとるべき行動について考える〜」では、
JBIB(企業と生物多様性イニシアティブ)により、
この関連性の明確化した「関連性マップ」が紹介されていました。

このマップを見ると、1つの企業が、
原材料の調達、設計・製造、輸送・販売、使用・保守、
回収・リサイクル、土地利用(工場建設、植栽)といった段階において、
どのように生物多様性を関連があるのか一目でわかります。

このように関連性が明確になれば、その分析をもとに
企業として生物多様性への取り組みの方針を立てることができ、
そこから、鉱物資源やエネルギー資源など調達先を
生物多様性への配慮がなされたところを選択する等、
自社が取り組むべき行動が導きだされます。
この取り組みの進め方は、環境省が提唱する
「生物多様性民間参画ガイドライン」でも示されてます。

国際的に関心が高まる生物多様性。
「自社の活動とは関連性が低い」と思い込んでいませんか?
地球温暖化防止も最初はそうでした。
しかし、国際的な関心が高まり、社会的責任として求められてから、
各企業が一気に動きはじめ、現在にいたります。
生物多様性もCOP10を機に、その取り組みが社会から求められるでしょう。
一度、自社の活動との関連性を整理してみてはいかがでしょうか。


*************************************
    ブログ「寄り合いひろば」
*************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム---------------------------------------------
  生物多様性COP10に向けて〜企業と生物多様性その8
  「生態系・生息地保護」(2)
  http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1002147
---------------------------------------------------------


***********************************
    環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

---------------------------------------------------------
 日経BP環境プロジェクト 
 日経エコロジー 日経BP環境経営フォーラム スクエア
 〜企業・自治体・学校など、あらゆる立場から
                  環境ビジネスの新たな可能性を探る〜
 『山村・森林の豊かさが、日本の力になる 山村再生支援センター』
----------------------------------------------------------
昨今の気候変動の深刻化により、環境問題に対するより具体的な
取り組みが、企業、自治体・学校などの各分野に求められています。
『山村・森林の豊かさが、日本の力になる 山村再生支援センター』では、
企業のCSR活動を上手に活用することで、本来の目的である社会貢献
のみならず、社員の癒しや教育、モチベーション向上、
新規事業への展開を行う事例を紹介。
山村(森林)とつながることで、多目的なCSR活動を行いませんか? 
トキの野生復帰とCSR活動の事例、
企業と山村を結ぶ「企業のふるさとづくり協定」をご紹介します。

◆日時 2009年12月12日(土)11:00〜12:00
◆会場 「東京ビッグサイト(東展示場1)エコプロダクツ2009内特設ブース
◆主催 日経BP環境経営フォーラム、日経エコロジー
◆協賛 山村再生支援センター、グリーン東大工学部プロジェクト、東芝
◆定員 各100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
◆受講料 無償(事前登録性)

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆
    間伐材グッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2009.12.4発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る