人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然とつなぐ〜
    SPF通信−vol.58−
     2010.07.12発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
6月末にiPhone4が発売され、私もついに変えてしまいました。
iPhoneはいろいろなアプリケーションをダウンロードできますが、
普段の生活のCO2排出量を記録するものや、
運転中にエコドライブを心がけられているかを確認できるものなど、
エコをサポートするアプリも開発されています。
せっかくなので、うまく活用していきたいと思います。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  双方向の環境コミュニケーションを可能にする新メディア
  〜企業とお客さまを近づけるツイッターを活用した環境への取り組み〜

2.ブログ「寄り合いひろば
  『提案型集約化施業』で林業再生に挑む!

3.環境イベント・セミナー情報
  (1)日経BP環境経営フォーラム/日経エコロジー主催 
     「スマート革命〜日本のエコシティから世界500兆円市場へ」
  (2)エコ×エネ体験ツアー@奥只見(おくただみ)大学生編
     〜暮らしを支える森と水力発電所2010〜


**************************************************
 双方向の環境コミュニケーションを可能にする新メディア
**************************************************
1年後になった地上デジタルへの完全移行。
テレビはこれまで一方向の情報提供でしたが、
デジタル化することで、お客さまの声やクイズへの参加など、
双方向のコミュニケーションができるようになってきました。

同じような流れで、昔はハガキやメールでのリクエストや意見を
もらっていたラジオ番組も、最近はツイッターの活用で、
リアルタイムなリスナーとのやり取りが行われています。

また、サンプルを配布しているようなサイトでは、
単純なサンプル配布だけではなく、企業の商品開発の途中で、
パッケージの色やデザイン、味などの意見をもらい、
商品開発に役立てるということも行われています。

-----------------------------------------------------------
 企業とお客さまを近づけるツイッターを活用した環境への取り組み
-----------------------------------------------------------
こうした一方向から双方向のコミュニケーションになる今、
企業の環境への取り組みとしてもツイッターの活用が始まっています。
ダイキン工業(株)では、「ぴちょんくん」というキャラクターの車で
全国をまわってエコの種を配るという『エコタネ』という
キャンペーンを行っています。
そのキャンペーンの賛同者をツイッターで募ったり、
車の様子をツイッターで伝えたり、お客さまからのコメントに
ツイッターで答えるといったことが行われています。

当社でも先日、ツイッターを活用した企画をある企業に提案しました。
その企業がお客さまに提案する省エネ・環境に関するライフスタイルの
プロジェクトを、ツイッターで双方向のコミュニケーションにし、
その環を広げていくという展開のものです。

これまでの企業の環境コミュニケーションでは、
企業がお客さまのエコライフスタイルに役立つ情報を
一方向で発信するものでした。
しかし、社会的にも環境に対する意識が高い人が増えており、
そうした方からの貴重な意見やアイデアもいただき
双方向のコミュニケーションを行うことで、
企業の環境への取り組みの質も高めることができるし、
その環を広げることもできます。

ツイッターは140文字で気軽につぶやくことができ、
それを不特定多数の人がみるという新しいメディアです。
宮崎の口蹄疫への寄付なども、口コミ的に広がり、
延80万人以上が賛同しています。
また、政治家や著名人などとも気軽に意見を交換できます。
企業もこうした新しいメディアをうまく活用し、
お客さまとの距離を近づけることで、今後の環境への取り組みを
よりお客さま目線のものにしていってはいかがでしょうか。


*************************************
    ブログ「寄り合いひろば」
*************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム---------------------------------------------
 『提案型集約化施業』で林業再生に挑む!
 http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1050912
---------------------------------------------------------


***********************************
    環境イベント・セミナー情報
***********************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

---------------------------------------------------------
 「スマート革命〜日本のエコシティから世界500兆円市場へ」
---------------------------------------------------------
これからの日本の成長戦略において、最重点分野とされる環境・エネルギー。
なかでも注目なのが、次世代エネルギーインフラを基盤とし、
地域の交通システムや市民のライフスタイルなどまでも変革する
新しい社会システムである「スマートシティ」の構築です。
日本はもとより、世界の主要国が競って開発を進めています。

■主  催/日経BP環境経営フォーラム、日経エコロジー
■日  時/2010年7月21日(水) 13:00〜17:00
■会  場/青山ダイヤモンドホール
■参加費/20,000円
     ※サブテキストとして、7月発行予定の書籍「スマート革命」
     (柏木孝夫:著、日経BP社発行、1,470円)付。
     「日経エコロジー」半年間(6冊)の購読付。
■定  員/200名

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi


---------------------------------------------------------
  エコ×エネ体験ツアー@奥只見(おくただみ)大学生編
   〜暮らしを支える森と水力発電所2010〜
----------------------------------------------------------
身近な秘境・奥只見のブナ林と国内有数の水力発電所、
自然と電気に"見て×触れて×考えて×楽しめる"
体験型エネルギー環境学習プログラムに参加していただきます。
森(自然)と水力発電所(エネルギー)と私たちの暮らしがどのように
つながっているのか、共に学びあいましょう。

■日 程/平成22年9月7日(火)〜9月9日(木)
■場 所/奥只見発電所周辺
■集合・解散/JR浦佐駅(上越線、上越新幹線) 11:00集合
■参加費/無料
       (ただし、集合・解散場所の往復交通費は各自ご負担下さい)
■募集定員/各回30名
■申込締切/7月20日(火)17時迄

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆
    間伐材グッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2010.07.12発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る