人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然をつなぐ〜
    SPF通信−vol.75−
      2011.12.20発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の海老根です。
2011年も残りわずか。
今年もSPF通信をご愛読いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

「エコプロダクツ2011」にご出展された皆様、お疲れ様でした。
当社も毎年何らかの形でこの展示会には関わっておりますが、
今年は『美しい森林づくりスタンプラリー』の運営を行いました。
詳細はコラムでもご報告しておりますが、設営と当日の運営を
手伝ってくれたのが、東京農業大学森林政策学研究室の
学生さんたちでした。
ほとんどが4年生ということで就職先を聞いてみたのですが、
車のディーラー、実家の方で就職、未定・・・ということでした。
未定の方はできれば森林関係の職に就きたく活動中だそうですが、
なかなか現状は難しいそうです。。。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  エコプロダクツ2011での森林関係ブース
  〜対象、テーマ・内容をしぼった効果的な展示〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  今年のふりかえりと来年に向けて

3.環境イベント・セミナー情報
  「うちエコ診断」の受診家庭の募集


******************************************************
  エコプロダクツ2011での森林関係ブース
******************************************************
12月15日(木)・16日(金)・17日(土)、江東区のビッグサイトで
日本最大級の環境展示会『エコプロダクツ2011』が開催されました。
来場者数は181,487人だったそうです。

当社としては、今年はフォレスト・サポーターズ運営事務局の手伝いで、
『美しい森林づくりスタンプラリー』の運営をさせていただきました。
これは、森林関係の展示があるブースの団体にスタンプを
置いていただき、来場者がそのスタンプを集めるというものです。
今年は60団体に協力いただき、スタンプを置いてもらいました。

この60団体を選出する際、エコプロダクツ出展の約900団体の
出展内容を全て読み、森林関係展示がある団体を
ピックアップしていきました。
すると読み取れるだけで120団体ぐらいありました。

そのうち、39団体はスタンプラリーのゴールを設置している
「森林からはじまるエコライフ展」コーナーへの出展だったため
スタンプを置かないことにしたので、
残りの約80団体にお声掛けして、賛同いただいた60団体に
スタンプを置いていただいたということです。

今年は国際森林年ということもあるのかもしれませんが、
120/900という数で森林関係のブースがあるということに
少し驚きました。
120という数も出展内容から読み取っただけなので、
実際にはもっと森林関係展示がある団体があったと思います。

そして、スタンプラリーにも約7,500人が参加していただき、
そのうち約2,200人がゴールしていただきました。

-----------------------------------------------
  対象、テーマ・内容をしぼった効果的な展示
-----------------------------------------------
エコプロダクツの中での企業の動向として良いと思ったのは、
トヨタ自動車やサントリーなど、
ブースを2ヶ所に分けて展示していたことです。

近年のエコプロダクツでは、学校単位で見学に来ることもあり
子どもたちが増えてきました。
また、森林をテーマにした「森林からはじまるエコライフ展」や
子ども向けの展示「ジュニアグリーンスクール」など、
対象や内容にあわせたテーマゾーンが用意されています。

トヨタ自動車は、一般の展示スペースでは
一般の方向けにハイブリット車など広く環境への取り組みを紹介し、
「森林からはじまるエコライフ展」内では、トヨタの森や、
トヨタ白川郷自然学校など森林への取り組みを紹介していました。
サントリーも一般の展示スペースでは
一般の方向けに広く環境への取り組みを紹介し、
「ジュニアグリーンスクール」内では、子ども向けに
水と森のつながりを考える『水育』の展示を行っていました。

13回目を迎えるエコプロダクツ。
来場者も『エコ』という漠然とした関心よりも、森林や温暖化、
ごみなどテーマが絞られてきているように感じます。
また、子どもたちが増えたことで、出展内容をどうすればよいのか
悩まれている企業も多いようです。
それであれば、テーマゾーンなどを上手に使い、
対象やテーマ・内容に絞り、同じ企業でも
2ヶ所でまったく違った内容・雰囲気で出展するということは、
とても効果的な方法だと思いました。


****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181  

【New !】コラム------------------------------------------   
   今年のふりかえりと来年に向けて
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102664
------------------------------------------------------


****************************************************
        環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

----------------------------------------------------
   「うちエコ診断」の受診家庭の募集
----------------------------------------------------
環境省では家庭部門での地球温暖化対策を推進するための取組み
「環境コンシェルジュ」制度の構築を目指しています。
本年度、その基盤整備事業を進めるために、省CO2・省エネに関する知識や
省エネ家電、地球温暖化に関する幅広い知識を持った「うちエコ診断員」が
対話形式でライフスタイルの改善から省エネ機器等への買い替えなど、
各家庭の実情に合わせて実行性の高い省CO2・省エネ提案を行う
「うちエコ診断」を実施します。
御家庭での効果的なCO2削減・節電対策の検討に是非御活用ください!

■診断無料
■診断の募集期限/2011年12月末まで

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2011.12.20発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm1@nifty.com 
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る