人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.78−
      2012.03.12発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の大和田です。
先日、休日を利用して防災フェスタというものに
参加してきました。
東日本大震災からもう一年・・・
あれから防災に対する意識に何かしらの変化があったのは
私だけではないと思います。
まだまだ被災地の復旧・復興には日本全国の協力が
必要です。当社でも、東北の木材を使ったグッズの制作
ができるようになっておりますので、これからも支援につながる
活動を続けていきたいと思う、今日この頃です。


◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  あらためて考える、間伐材の利用
  〜「間伐材利用」から「国産・地域間伐材利用」へ〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  平成23年度の日本型フォレスター育成研修事業を終えて

3.環境イベント・セミナー情報
  森林インストラクター養成講習


******************************************************
     あらためて考える、間伐材の利用
******************************************************
企業の環境への取り組みといえば、CO2排出量削減や生物多様
性保全などの大きな環境問題がもとにあり、その様々な取り組み
の一つに「森林との関わり」があります。

企業が森林と関わる形は実に様々で、企業で森林を所有して、
そこで社員研修や、広く一般向けに環境教育プログラムを実施
している企業も数多くあります。

そして、企業の森を持続可能な森林としていく為に必要不可欠
なのは森林整備の一環である間伐であり、ここ何年もずっと
言われ続けているのは「間伐材利用」です。

『国産材をつかうこと = 日本の森が元気になる』

今では小学生でも知っている一般の常識となりつつあり、当社
の間伐材グッズ&クラフトワークショップのホームページにも、
企業の方からノベルティに間伐材を使ったグッズを検討されて
いてお問合せをいただいたり、環境教育の一環で間伐材クラフト
ワークショップのお問合せをいただく機会が増えました。

-----------------------------------------------
 「間伐材利用」から「国産・地域間伐材利用」へ
-----------------------------------------------
間伐材グッズやクラフトワークショップツールのお問合せで決
め手となるのは、一番はやはり価格ですが、その次に産地、
つまりどこの森から出た間伐材なのか、ということがあります。

少し前であれば、「とにかく間伐材をつかう」ということで、
「間伐材」という名前だけが先行していましたがここ数年でただ
の間伐材ではなく、日本国内の、どこの県の、どこの森で出た
材なのかという情報を求められることが非常に多くなりました。

企業からすれば、本社や支店など商業拠点のある地域でとれた
間伐材を利用することによって企業PRにもつながりますし、
なにより間伐材を何百kmも離れたところまで運搬するとなると、
大量のCO2を排出することになり、本末転倒になりかねません。
ですから、材の産地情報を求められるのは考えてみれば当たり前
のことなのです。

間伐材の加工・製造を行うメーカーによっては、森林を所有して
いるところもあれば、その時その時で様々な流通経路で仕入れる
ところもありますので、これまで以上に間伐材の産地特定・見える化
を進めていく必要があると考えています。

いずれにしましても、国産材を有効的に活用するという意識は確実に
高まってきており、これからは更により身近に国産・地域間伐材が
感じられるよう、オフィスの家具を国産間伐材で作られたものにしてみたり、
地域や企業の森の間伐材でノベルティグッズを制作したり、
普段使いのお箸や食器、お部屋のインテリアに国産間伐材製品を
取り入れてみたりと、楽しみながら木をつかっていくことが大切なのでは
ないでしょうか。


****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】コラム------------------------------------------   
   平成23年度の日本型フォレスター育成研修事業を終えて
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102666
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

----------------------------------------------------
     森林インストラクター養成講習
----------------------------------------------------

森林インストラクター養成講習は、森林インストラクターと
なるために必要な知識及び技能を付与することを目的としています。

平成24年度の森林インストラクターの「養成講習」の日程等は、
次のとおりです。

養成講習には、全4科目を分割して実施する【講習1】と4科目を
連続して実施する【講習2】があります。
いずれも同じ講習内容で、講習場所は東京都です。
詳細につきましては、下記のURLを開いてご覧いただくか、(社)全国
森林レクリエーション協会の森林インストラクター係(TEL:03-5840-7471)
までお問い合せ下さい。
(環境教育推進法に基づく農林水産大臣・環境大臣登録事業)


<開催日程> 【講習1】森林:5月12日(土)〜14日(月)
            森林内の野外活動・安全及び教育:6月9日(土)〜11日(月)
            林業:6月23日(土)・24日(日)
       【講習2】4科目:8月11日(土)〜18日(土)

<開 催 地> 東京
<開催場所> プラザ・フォレスト(全林野会館)(東京都文京区大塚)
<アクセス> 地下鉄丸ノ内線「茗荷谷駅」から徒歩約7分
<参加資格> 原則として20歳以上の方
<参加費用> 全4科目:52,000円(講習1の場合はコースによります。)
<応募方法> 下記のURLを開いて「申込書」等をダウンロードして
       手続きしていただくか、森林インストラクター係
      (TEL:03−5840−7471)までご連絡下さい。

<応募締切> 申込みの受付期間:【講習1】4月1日〜31日
                【講習2】6月1日〜7月31日
<主  催> 社団法人 全国森林レクリエーション協会


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『SPF通信』2012.03.12発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:大和田) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm5@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る