人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
  SPF通信−vol.81−
    2012.06.15発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の大和田です。
2012年も気づけばもう既に半年が過ぎようと
しています。そして今年も梅雨の季節到来です。
梅雨の語源でもある梅は、昔から健康食として
親しまれてきましたが、この時期に気をつけな
くてはいけない食中毒の対策としても大活躍
してくれる食べ物です。
じとじとして気分が落ち込むこの季節は、
干してよし、漬けてよしのおいしい梅を
うまく活用して乗り切りましょう!



◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  ゲーム感覚で学ぶ、エコな取り組み
  〜マイナスをプラスに変える、ひと工夫〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  原発事故と山村地域

3.環境イベント・セミナー情報
  第11回「聞き書き甲子園」



******************************************************
     ゲーム感覚で学ぶ、エコな取り組み
******************************************************
6月2日(土)、3日(日)に代々木公園で、
『エコライフ・フェア2012』が開催されました。
今年も東京ガス(株)がブース出展するということで、
ワークショップなどのブース運営をお手伝いさせていただきました。

今年は『省エネ・節電』と『生物多様性』の2本柱でのブース展開。
その中でも、特に『省エネ・節電』の意識をより一層高めるために、
間違いさがしゲームということで、一つのパネルに描かれた
何気ない日常の家庭風景から”エコではない行動”を探して、
あてていくというワークショップが行われました。

パネルの中には、さまざまな”エコではない行動”が散りばめられて
いるのですが、見てみると実に沢山の矛盾があることに気づきます。
例えば、夏なのに冷房の設定温度が低すぎて寒いので厚着をしていたり、
寝ているのに電気をつけっぱなしにしていたり・・・
こうして改めて見ると「矛盾」と認識できるのですが、無意識のうちに
やってしまうことで、どこか身に覚えがあるものばかりです。

ワークショップが進むにつれお客さまも、パネルに描かれた家庭と自分の
家の風景を重ね合わせたのか、「そういえば思い当たる節が・・・」
といったように深く頷いていました。

------------------------------------------------------
     マイナスをプラスに変える、ひと工夫
------------------------------------------------------
震災の影響で加速した省エネ・節電への意識ですが、
その意識と行動には、まだまだ大きなギャップがあるようです。
実際にブースに来られたお客さまの中でも、「省エネ・節電をしたい」
と思っていても、なかなか行動に移せないでいるという方が沢山
いらっしゃいました。
理由としてはやはり、「面倒」「我慢しなくてはいけない」というような
マイナスなイメージがあるからなようです。
では、マイナスなイメージをプラスに変える為にはなにが必要でしょうか?

一番大切なのは、
エコへの取り組みを楽しむ、ということだと考えます。
どうせやるなら、楽しんで取り組んだ方がお得ですよね。
それは例えば、こんなこと。


・暑い夏には、窓をあけて自然の風と風鈴の音で夏の涼を楽しむ
・近場へのお出かけは、自転車を使ってサイクリングを楽しむ


本当に何気ない日常の中にあることだと思います。
でも、「これってエコじゃない?」と少し工夫しながら楽しんで
しまえば、マイナスなイメージはなくなるはずです。
無理をしないでエコを楽しむ。
そうすれば無意識のうちに生活の一部になって、
それがライフスタイルとなっていくでしょう。

さらに、せっかく環境に良い取り組みをしていても、それがある一時のこと
だけで終わってしまっては意味がありません。
エコへの取り組みをブームで終わらせない、これこそが今求められて
いることなのではないでしょうか。

当社でも、楽しみながらエコになり、学べるツールや
ワークショップなど、環境への取り組みの普及啓発に
つながるような企画をこれからもご提案していきたいと
考えております。


****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】コラム------------------------------------------   
   原発事故と山村地域
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102669
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

----------------------------------------------------
       第11回「聞き書き甲子園」
----------------------------------------------------

「聞き書き甲子園」は、全国の高校生が森や海、川とともに
生きる知恵や技を持つ「森の名手・名人」、「海・川の名人」
を訪ね、その知恵や技術、人となりを聞き書きし、記録する活動です。
参加した高校生は、名人との世代を超えた交流を通して、森や海、
川からの豊かな恵みやそこに暮らす人々の営み、地域の伝統・文化など
について学び、その成果をフォーラムや作品集で発表しています。
今年度の開催に当たり、参加を希望する高校生を募集します。


◆参加資格
 高等学校等に在籍する生徒(定時制、通信制の高等学校、高等専修学校、
 特別支援学校(盲学校、聾学校及び養護学校)高等部等に在籍する生徒も含みま
す。)

◆募集期間
 平成24年5月21日(月)〜7月2日(月)(必着)

◆募集人数
 「森の名手・名人」への聞き書き80名
 「海・川の名人」への聞き書き20名


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

『SPF通信』2012.06. 15発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:大和田) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm5@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る