人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

 〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.82−
      2012.07.19発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の大和田です。
年間を通して省エネモードの当社では、
今年の夏も、窓を開けたり扇風機をうまく活用
するなど、節電に努めています。
時折窓から入ってくる自然の風は、
とても心地よく感じられます。
首に巻くタイプのクールグッズなども併用すれば
さらに効果的に体温を下げることができます。
小まめに水分を摂りながら、引き続き無理せず
省エネ・節電を心掛けていきたいですね。



◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  役割を果たしてこそ、その価値は生まれる
  〜ユーザーに寄り添った、質の高いツール〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  集中豪雨

3.環境イベント・セミナー情報
  大門ダム探検と森の体験プログラム



******************************************************
    役割を果たしてこそ、その価値は生まれる
******************************************************
企業の環境に係るプロモーションのお手伝いもさせていただいて
おります当社では、環境に係る意識啓発の為のツールを制作させていただく
機会が多々あり、その中には、簡易的なパンフレットから30ページ以上の冊子、
WEBサイトなどがあります。

制作するにあたっては、当然のことながらそのツールを制作する「目的」や
「想い」がありますが、それに加えて常に考えることがあります。
それは、ユーザーが求めている情報が適切に表現されているか、
ということです。
つまり”ニーズに適切に応えられているか”ということ。
これは大前提のことですが、制作が進むにつれ、必ず大なり小なり
制作する者の主観的な拘りや合理性、意図するストーリーに沿った見せ方など
を重視したものに方向転換していき、一番大切なことが埋もれてしまう、
なんてことがよくあります。

もちろんそこには、良いものを作ろうという想いがあってのことですが、
突き詰めすぎて、いつの間にか自己満足でしかなくなってしまいます。
それで果たして意識啓発ツールとしての役割を十分に果たせるでしょうか。

------------------------------------------------------
     ユーザーに寄り添った、質の高いツール
------------------------------------------------------
自己満足でしかなくなったものには、以下のような特徴があります。

・情報を詰め込み過ぎて、趣旨が分からない
・一つ一つに拘りはあるが、全体を通してのストーリー性がない
・作りこみ過ぎて、逆に見づらい 等など・・・

制作している中でこのような点に気づくこともあれば、
私自身がユーザーの立場で思うこともあります。
せっかく良いものを作ろうとしているのに、それが伝わらなかったり、
ユーザーが求めるものとの間に誤差があれば、そのツールの価値は
半減してしまいます。

ツールの役割を果たす為に重要なこととして、
ユーザーが求めているものが何なのかをリサーチする、
正確なデータや情報を収集する、伝えたい情報を分かり易く整理する等、
これらのことは言うまでもありません。
なにより忘れてはならないこと。
それは、『ユーザーの立場になって見方を変える』ということだと思います。
主観的な見方だけではなく、第三者の立場に立って見方を変えてみることです。

さまざまな情報発信媒体が溢れているこの現代において、
誰もが非常に簡単にそれらを利用することができます。
しかし、プロとしてツールを通して環境に係る意識啓発等の情報発信をする
仕事をさせていただいている当社と致しましては、決して一方的には
ならないよう、常にユーザーの立場に立った質の高いツールを企画・制作
していきたいと考えております。


****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】コラム------------------------------------------   
   集中豪雨
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102670
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

----------------------------------------------------
     大門ダム探検と森の体験プログラム
----------------------------------------------------

川の流れの管理、飲み水の提供、電気を作るなど様々な役割を持つ
大門ダムを探検します。お勧めは湖底に伸びるトンネル!水と森と
暮らしのつながりについても学びます。


◇日 時:平成24年7月31日(火)、8月23日(木) 10:00〜15:00
◇場 所:山梨県 大門ダム
◇参 加:小学生以上の子どもと保護者
◇参加費:子ども500円、大人1,000円
◇応募方法: 郵便、FAX、メールなどで(詳細はHPで)
◇主 催: (公財)キープ協会


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

『SPF通信』2012.07. 19発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:大和田) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm5@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る