人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.91−
      2013.04.11発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の大和田です。
現在、鎌倉の浄明寺にて伝統工法(渡りあご工法)
手刻みにこだわった住宅建築が行われています。
使用する木材は全て国産の天然木(無垢材)で、
全て育った森、伐採、製材、加工の過程が一貫して
管理されています。
今回、この滅多に見ることのできない伝統工法での
建築現場を広く一般に公開しているそうです。
日本の伝統建築を目にすることが少なくなった今、
非常に貴重な体験になると思います。
是非、この機会に鎌倉まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

当社ホームページにも詳細を掲載致します。
詳しくはこちら↓
http://sp-farm.com/bbs/patio/read.cgi?no=187

◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  創エネルギーの新たな展開
  〜エネルギーの地産地消〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  今年度の人財育成事業に向けて

3.環境イベント・セミナー情報
  平成25年度「森林カレッジ」受講生の募集
 ―森林・林業を学ぶ〜高尾山の森で講義&体験―



******************************************************
       創エネルギーの新たな展開
******************************************************
かねてより進められてきた、ソーラー発電。
「太陽光を利用した発電」という比較的取り組み易い発電方法
として一般家庭にも浸透しつつあります。
昨年末、私の地元の茨城に帰省した際にも、今まで特に活用されて
いなかった土地が綺麗に整地され、そこには真新しいソーラーパネル
が何台も設置されており、改めてソーラー発電の普及を実感しました。

ソーラーパネル設置(太陽光利用)の大きな目的としては以下の2点が
あげられると思います。

1.自然の力を借りたエネルギー創出で、環境に配慮する
2.自家発電

今までは、どちらかというと「1」。
つまり企業でいえばCSR(企業の社会的責任)の一環として実施されて
いた部分が多くあると思います。
それはもちろん変わらずに大前提の目的ではあると思いますが、
今はそれ以上に「2」の目的がより強くなっていることでしょう。

------------------------------------------------------
        エネルギーの地産地消
------------------------------------------------------
東日本大震災後のエネルギー不足や計画停電、節電要求による生産調整
など様々な面で影響を受け、メガソーラー事業や水力、風力、バイオマス
発電などの事業へ参入する企業が急増しました。
また、昨年7月からの再生可能エネルギーの固定価格買取制度のスタートも
企業の創エネルギーや売電事業への参入に拍車をかけているようです。

そして、創エネルギー事業の新たな展開として、
エネルギーの地産地消の考え方が拡まりつつあります。

既にいくつかの都道府県でスタートしていますが、
太陽光、中小水力、バイオマス、風力、地熱などの再生可能エネルギーの
利用促進と併せて、コージェネレーションシステムで発電時の排熱を利用
したエネルギー利用の高効率化が進んでいます。

エネルギー事業は今や、創り出すだけではなく
蓄エネルギー、省エネルギー、高効率利用、売渡しなど
その動きは様々な展開をみせているのです。

エネルギーの地産地消は、企業と地方自治体、そして地元の方々が一体と
なることで初めて実現するものだと考えます。
その為にも、貴重なエネルギーをいかに創り出し、無駄なく活用していくか、
それぞれの立場でしっかりと考え、相互理解していくことが大切です。

当社と致しましては、エネルギー事業の様々な展開の中で、創エネルギーや
その活用における更なる理解の促進と普及啓発という業務を中心に、
今後も取り組んでまいりたいと考えております。

****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】コラム------------------------------------------   
   今年度の人財育成事業に向けて
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102678
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

------------------------------------------------------------------
        平成25年度「森林カレッジ」受講生の募集
         ―森林・林業を学ぶ〜高尾山の森で講義&体験―
------------------------------------------------------------------
「森林カレッジ」は林野庁高尾森林ふれあい推進センターが、一般の方を対象に、
森林・林業を理解していただくために開催する講座です。
高尾山の国有林で実際に森林の見方・下刈り・間伐・枝落とし・炭焼きなどを
体験します。また、研究者や専門家から森林の働き、森林の現状や都市と山村の
交流活動に関する一流の講義を受けます。
サラリーマンにも配慮して毎回土曜日に開催します。
森林ボランティアや森林づくりに興味のある方、自然の中で思い切り汗を流し、
ストレスを発散させたい方にお勧めします。

◇主  催:関東森林管理局 高尾森林ふれあい推進センター
◇募集人員:50名(多数の場合は抽選になります。)
◇対 象 者:森林・林業に興味があり18歳以上の健康な方で、全日程5回の講義に
            参加できる方
◇参加費等:年会費:1,000円、講座参加費:1講座につき500円
◇申込方法:往復はがきに
      1)住所、2)氏名、3)年齢、4)職業、5)電話番号、返信面には宛名
      を明記のうえ、下記の問合せ先、高尾森林センター「平成25年度森林カレッジ」係
      までお申し込みください。
      ※5月2日(木)必着※

詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

『SPF通信』2013.04. 11発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:海老根) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm1@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★()エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る