人と人、人と自然をつなぐ S.P.farm
トップ 販売促進・広告 環境・CSRコミュニケーション 森林と里山保全活用プロジェクト ブログ寄り合いひろば メルマガSPFARM通信 イベント情報SPFARM掲示板 これまでの業務実績 お問い合わせ 会社案内




仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

〜人と人、人と自然をつなぐ〜
   SPF通信−vol.98−
      2013.11.22発行

仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝仝

SPF通信担当の大和田です。
ここのところ、地方への出張が多く体調をコントロール
することが非常に重要であり、且つ大変であると改めて
気づかされています。
そこで元気の源としてあるのが、各地域の特産・名産品。
美味しいものをいただければ、モチベーションも上がります。
今年も残すところあとわずか。
美味しいもので栄養をつけて、寒い冬も元気に乗りきりましょう!

◇◆◇ 本号の目次 ◇◆◇

1.コラム
  ”あの日”から考える、本当の意味でのつながり
  〜いつだって変わらないコミュニケーションの重要性〜

2.ブログ「寄り合いひろば」
  地元愛

3.環境イベント・セミナー情報
  『2020年へ向かう、森と木を活かす「グリーンエコノミー」シンポジウム』
  〜デザインと異業種連携で産み出す、新時代の森づくり・木づかい〜



******************************************************
  ”あの日”から考える、本当の意味でのつながり
******************************************************
来たる12月19日・20日に、公益社団法人国土緑化推進機構が主催の
「緑のボランティア活動報告会2013」が開催されます。
本報告会の実施においては、数年前より実施運営のお手伝いを
させていただいており、今年は2年ぶりの開催となります。

※「緑のボランティア活動報告会2013」の詳細はこちら
http://sp-farm.com/bbs/patio/read.cgi?no=201

そう、忘れもしない、あれは2年と8か月前。
「緑のボランティア活動報告会2011」が開催された3月11日。
報告会の最中に大きな揺れを感じ、再び襲う余震に誰もが戸惑いを
隠せない中、報告会は中止となり、全国各地からお越しいただいて
いた参加者の宿泊手配などの対応に追われました。
都内は大渋滞。街に溢れる、人、人、人。
徒歩で宿泊先まで移動する途中に配布されていた号外を手に取り
東北の津波被害の写真に愕然としたことは、今でも鮮明に覚えています。

今では、メディアでの報道は日増しに少なくなり、テレビや新聞では
東北の現状を知る機会は少なくなりましたが、まだまだ多くの人の助けが
必要なことに変わりありません。

------------------------------------------------------
   いつだって変わらないコミュニケーションの重要性
------------------------------------------------------
私自身、災害ボランティアとして何度か東北に足を運びましたが、
同じ場所に何度か行くうちに、地元の方が覚えてくださり、
そのたびに温かく迎えてくださいます。
そうすると、またそこに行きたいと思うようになり、その地に出向く
きっかけにもなります。

また、被災地ではこんな声も聞かれました。
「新潟の地震で大変だったとき、東北の人に助けられた。
だから、今度は俺たちが助けるんだ。」
「今回はあなた達東京の人にも沢山助けてもらった。
東京でなにかあったら必ず助けにいくよ。」

今まで全く知らなかった者同士が、”震災”という困難を通じて知り合い、
心と心でつながる心友となっていく。
これは、何事にも代えられない、素晴らしいことだと思います。

インターネットを使えば、顔と顔を合わせなくてもある程度の連絡は取れる。
全く知らなかった人と話をすることもできるかもしれない。
でもそれは、本当の人と人とのつながりと言えるのでしょうか?
”あの人のためになにかしたい”と思うとき、まず一番に何が浮かぶでしょうか?
その、”あの人”の顔が浮かぶのではないでしょうか?
やはり、顔と顔を見合わせて直接会話をし、直接コミュニケーションを
とることで、人と人は本当の意味で「つながる」のだと考えます。

現在当社では、林業従事者の人材育成研修に深く関わっており、
互いに学びあうことのできるワークショップ等を通して、人と人との
コミュニケーションの重要性を伝えることにも力を入れております。
コミュニケーションが無ければ相手を”知る”ことは本当の意味では
できませんから、質の高い仕事はできません。
人から信頼を得ることもできないと思います。
ですから、いくら便利な世の中になっても、この部分だけは決して変わる
ことはありません。
コミュニケーションの重要性を人に伝える立場として、まずは自分自身が
常に意識していかなければならないと考えるのと同時に、引き続き
人と人とのつながりを大切にする質の高い人材が育つよう、
これからも取り組んでまいりたいと考えております。

****************************************************
       ブログ「寄り合いひろば」
****************************************************
新しい“森林活用のかたち”を提案するブログ「寄り合いひろば」。
企業として森づくりに関わりたい方、
また企業とともに森づくりを行いたい方に
役立つ情報をカテゴリーに分けて発信しています。
http://www.sp-farm.com/blog.html
 ○企業による日本の森林保全・森林活用動向調査
 ○企業と森林の関わり
 ○企業と森林の関わり方
◎企業として森林での体験プログラムをお試ししたい方は
こちら ⇒ http://tsubuyaki.sp-farm.com/?cid=32181

【New !】コラム------------------------------------------
   地元愛
   http://tsubuyaki.sp-farm.com/?eid=1102685
------------------------------------------------------


****************************************************
      環境イベント・セミナー情報
****************************************************
※このコーナーではHPの「環境イベント・セミナー情報」
 掲示板から ピックアップした情報を掲載しております。
 下記の詳細、その他の情報、またイベント情報の提供は
 こちらへ⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

------------------------------------------------------------------
   ◆日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」同時開催◆
──────────────────────────────────
『2020年へ向かう、森と木を活かす「グリーンエコノミー」シンポジウム』
  〜デザインと異業種連携で産み出す、新時代の森づくり・木づかい〜
──────────────────────────────────
【日 時】2013年12月12日(木) 14:00〜16:15  [受付/13:30〜]
【会 場】『東京ビッグサイト』レセプションホールA
   (東京都江東区有明3-11-1 東京国際展示場 会議棟1階)
------------------------------------------------------------------

  我が国でオリンピック・パラリンピック大会が開催される2020年は、
「気候変動枠組み条約」京都議定書第2約束期間及び「生物多様性条約」
愛知目標の最終年です。

 このため、国土の約7割という世界でもトップクラスの豊かな森林を有し、
古くから「木の文化」を育んできた我が国から、2020年という節目の年に、
森と木を活かした「グリーン・エコノミー」を発信することは、内外の大
きな注目が集めるものと考えられます。

  近年、森林・林業分野においては、多様な行政施策が展開されるとともに、
幅広い業種の民間企業等が国産材の活用への関心を高めており、新たな技術
の開発やデザインを生み出すことにより、森と木を活かした多様なライフ
スタイルが提案されています。

 そこで、デザインや異業種との連携の視点から、森と木を活かした新たな
商品・サービスに関する最前線の取組を紹介しつつ、2020年に日本から
世界に発信することが期待される、森と木を活かした「グリーンエコノミー」
の展望と課題について議論するシンポジウムを開催します。

【主 催】(公社)国土緑化推進機構、美しい森林づくり全国推進会議
【共 催】 経団連自然保護協議会、(一社)日本プロジェクト産業協議会、
     (特)活木活木森ネットワーク
【会 場】 「東京ビッグサイト」レセプションホールA
     (東京都江東区有明3-11-1 東京国際展示場 会議棟1階)
【交 通】 りんかい線「国際展示場」駅下車、徒歩約7分
     ゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車、徒歩約3分
【対 象】 企業、団体、行政、NPO、研究機関等 約350名
【参加費】無料
【締 切】 平成25年12月6日(金) 必着
     ※ 定員になり次第、締め切りますので、お早めにお申込下さい。


詳細⇒ http://sp-farm.com/bbs/patio/patio.cgi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
   ◆◇◆間伐材で環境保全活動!◆◇◆  
  間伐材ノベルティグッズ&クラフトワークショップ
  http://www.sp-farm.com/kanbatsu/k_top.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

『SPF通信』2013.11.22発行
登録 http://www.sp-farm.com/melma.html
解除 s.p.farm5@nifty.com
    恐れ入りますが、こちらのアドレスまでご一報ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(株)エス.ピー.ファーム/S.P.Farm(担当:大和田) 
TEL 03-5283-6531   FAX 03-5281-5501
〒101-0052千代田区神田小川町2-14 KT小川町ビル4F
E-Mail : s.p.farm5@nifty.com
ホームページ : http://www.sp-farm.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★(株)エス.ピー.ファームは
企業の環境対策や環境コミュニケーション、環境プロモーション、
企業内外の環境教育に関するプランニング及びプロデュースをするとともに、
日本の森林と里山を保全し、有効活用する
新しい社会・経済システムの構築をめざしている会社です。

Copyright (c) S.P.Farm All rights reserved.

このページのトップへ SPF通信のページへ戻る